上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 目標地点は以下の3つ。

 レベル1.河合ボーダー偏差値文理52.5

 レベル2.河合ボーダー偏差値理系57.5

 レベル3.河合ボーダー偏差値理系60.0

 「物理の基本的イメージの入手」「物理の基本的解き方の入手」は共通の項目です。

 レベルによって、やる順番があります。

*** 物理の基本的イメージの入手 ***

1.橋元の物理をはじめからていねいに 大学受験物理 力学編
2.橋元の物理をはじめからていねいに 大学受験物理 熱・波動・電磁気編 橋元淳一郎/著、ナガセ

 

*** 物理の基本的解き方の入手 ***

1.NEW浜島物理1・2講義の実況中継 高校物理 上
2.NEW浜島物理1・2講義の実況中継 高校物理 下 浜島清利/著、語学春秋社

 


★ レベル1.河合ボーダー偏差値文理52.5で合格点を取る ★

 ステップ1
 「学校配布の教材の基本問題(持っていない場合はらくらくマスターまたは、エッセンスの☆なし)で、公式の運用を入手」と「物理の基本的イメージの入手」を分野ごと(しかも項目毎)に反復します。

 「はじめからていねいに」が理解でき、解けるようになればひとまず十分です。

 ステップ2
「学校配布の教材の基本問題で、代表的処理を入手」と「物理の基本的解き方の入手」を分野ごとに反復します。

 ここまでで、極めて代表的な問題を身に付けることが出来て、このレベルなら合格点を取る力はついています。

 ステップ3

 これのレベルとしては仕上げです。

 簡単な予想問題ですが、問題文をていねいに読み取る訓練が出来ていれば、十分な点が取れるはずです。あとは、ステップ1、2の教材をしっかりやることです。

 為近の基礎物理I・II―代々木ゼミ方式



 ★ レベル2.河合ボーダー偏差値理系57.5 ★

 河合の記述で50以上取れている下地がほしいです。

 足りない場合、センターを意識した学習を優先的に行いましょう。

 ステップ1
 「物理の基本的イメージの入手」を分野ごとをざっとこなします。

 重要なのは、問題に正解するよりも、今まで理解していなかったことを知ること。

 ステップ2
 ステップ1で分かった弱点分野を 「持っていない場合はらくらくマスターまたは、エッセンスの☆なし)で、公式の運用を入手」でこなします。

 公式・有名処理をきちんと身につけましょう。

 ステップ3
 問題の読み方と解き方を学習します。

 「物理の基本的解き方の入手」
 +
 為近の基礎物理I・II―代々木ゼミ方式



 ステップ4
 代表問題を演習する。
 
 橋元淳一郎の物理橋元流解法の大原則―試験で点がとれる1
 橋元淳一郎の物理橋元流解法の大原則―試験で点がとれる2

 いろんな評判がありますが、代表的な問題を学習すると割り切れば、解説が豊富ないい本になります。ステップ4までのことが出来ていればほぼ満点が取れるはずであり、取れない場合には今までの復習を必ずしてください。

 これで合格点を十分取れます。



 ステップ5
 ここをやるかは大学次第です。

 模試大学の過去問が、ステップ4までで万点近く取れる出題だった場合、復習に力を注ぎ、傾向の似た問題を先生に教えてもらって、それらを演習するのが正解です。

 しかし、国立でこの段階に該当する学部の場合、難易度が高く、合格点が60%程度のことが多いです。

 今までの学習に、予想問題として1冊勧めておきます。

 橋元の理系物理I・II頻出問題解法―入試で点が取れる

 使いどころが難しいのですが、「このレベル」「直前期」「少し難しい国立」という条件にすごくマッチしています。




★ レベル3.河合ボーダー偏差値理系60.0 ★

 さて、ここで少し乱暴なことを書きます。

 物理の多少なりとも本質(といっても概念ですが)に触れる学習を取り入れるべきと断言できるのは、このレベルからです。

 ですから、レベル1・2ではエッセンスの使用をあえて強調しませんでした。

 しかし、ここからは違いますよ!

 下地として、マークで70点、記述で52~55必要です。

 10月の段階で下地が不足している場合、レベル2に合わせて学習してください。それでも物理の最低限度の点は取れます。

 レベル3の物理学習の核 

 1.物理のエッセンス力学・波動 
 2.物理のエッセンス電磁気・熱・原子 浜島清利/著、河合出版

 


 ステップ1
 「物理の基本的イメージの入手」と『エッセンス』の☆無しを、分野ごとに反復する。

 ステップ2
 「物理の基本的解き方の入手」と『エッセンス』の☆なし・☆1個を、分野ごとに反復する。

 ステップ3
 長文の読み方を知る。
 
 為近の基礎物理I・II―代々木ゼミ方式



 エッセンスはかなりハードなので、レベル2よりも時間がだいぶかかります。ただ、典型問題の経験量で誤魔化す勝負はしないので、次は予想問題集1冊で済みます。

 ステップ4
 「エッセンス全部」と「物理I・II基礎問題精講の例題」を分野ごとに反復します。

 物理I・II基礎問題精講


 ステップ5
 あとはひたすら復習と過去問演習です。似たレベルの問題をどんどん解きつつ、復習をしつこく繰り返してください。
スポンサーサイト


カテゴリー一覧に戻る  

2006.10.16 Mon l 物理 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hikyakusyoten.blog70.fc2.com/tb.php/79-031eee97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。