上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
★ コメント・質問 ★

書かれていることに対しての質問をしても、記事以上の回答はありません。そして、他人にアドバイスを求める際に必要なことも認識できていないです。

『アドバイス』する・されるというのがどれくらい危険なことなのかを認識できていないのでしょう。

最低限、下の情報を書く形でアドバイスを求めましょう。

*** 下のスタイルシートを利用してください ***

現在の学年・高校のレベル:(特に再受験者は生活状況必須)

志望大学・学科:志望のベクトルを明示。 

総合学力:(「河合記述、駿台全国、大学別」と「マーク模試」の各科目の点数と偏差値。分野ごとの成績もあると良い)現在の学力の客観的評価。模試は「点数」をみることは各論で書いたとおり。 

現状:
1.今までやってきた問題集・参考書は必ず書く。また、認識している理解の具合も書く。

2.持ってる問題集・参考書は必ず書く。
 「これから何を使うのか」という判断に使うというより、「自分に適した学習段階に集中できているか」の判断。

3.センター、二次の書く配点を書く。合格最低点も同様に書く。
 各科目のバランスと、自分が何点必要なのか。大学のHPで公開、願書で紹介、赤本・青本に収録されています。
 
4.自分の計画、選択肢を明示。
 総論・各論から読み取ったことを「計画」と言う形で表現する。
スポンサーサイト


カテゴリー一覧に戻る  

2006.08.05 Sat l 勉強法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hikyakusyoten.blog70.fc2.com/tb.php/66-2c2b6827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。