上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


7つの習慣  
スティーブン・R. コヴィー (著), ジェームス スキナー (著)

僕自身は、偶然中古で買いました。

ちなみに僕は本を買うときには、3分程度で80p前後に眼を通してみて、「ほー」「うんうん」「おおっ!?」というやつだけ買います。

この本は「うんうん」タイプでした。

500p程度ですが、文字も大きい上に図が多く、文字数としてはそこまで多くありません。しかし、情報量の濃さが高いです。

★ テーマ ★

僕が考えるこの本のテーマは、
正しい自立と相互依存』だと考えます。

independent & mutually depend ですね。

これはつまり、『自分で生きていく力とは何か。自分以外の人との関わりあいをどう考えていくか』について述べているということです。

京大の鎌田さんが著書で相互依存の一部としての<Win-Winの法則>について書かれていましたが、おそらくはこの本の言葉を用いているのではないかと思います。

★ 内容は? ★

ここで書ききれる量ではないので、テーマから興味が湧いたら読んでもらえば十分だと思いますが、注意をば。

万能の話なんてない、ってことです。

例えば、『ゴールから逆算する思考法』なるものが巷では大人気ですけども、その逆算した思考とやらがどこまで成立しうるかは実際やってみないと分からないわけです。

極端なことを言えば、病気や事故によって人生の目標が全く異質のものになるかもしれないのですから。

僕らは生を決定付けられたときから運の下で生きています。

その<ゆらぎ>を見つめていると、単なる強固さではなく、その時々で対応できる強靭性が必要であると、おぼろげながらも考えています。

★ 期待できること ★

今後どうやって生きていこうかと考える契機になると思います。

もちろん、この本を軸にして全てを決定する必要はどこにもない。
ですが、価値観の再確認を行うことは、やはり深い意味を持ってくるのではないかと思います。

 興味があれば読んでみてくださいな~
スポンサーサイト


カテゴリー一覧に戻る  

2006.07.25 Tue l 読書 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

興味あり
なので書店でみつけたら読んでみます♪

nimselさん尊敬しています。。。
2006.08.31 Thu l tama. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hikyakusyoten.blog70.fc2.com/tb.php/56-1123e1fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。