上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 文系の場合、『文系 中級完成』の本を演習を行いながらここのメイン本を補強するスタイルがもっとも効率的でしょう。

 その理由は、要求される『問題難易度』が低く、本当の標準問題を解ききる力は合格に必要ないからです。

 もちろん、それ以上の力をつけたい人は演習の上級本を解くための力をつける教材を「理系中級レベル2」より選択してください。

 「分野別強化 + 文系数学のプラチカ」の内容を身につけるのが、東大・京大法学部を除く目安になります。

 東大・京大は総合型をメインとして学習しましょう。

 ★ 分野別強化 ★

1.麻生雅久の数学2次関数・数と式A・SOの解法 
2.麻生雅久の数学ベクトル・数列 A・SOの解法
3.麻生雅久の数学なるほど数学2 いろいろな関数・図形と式A・SOの解法
4.麻生雅久の数学なるほど数学A 場合の数と確率 A・SOの解法
麻生雅久/著、学研
★★★★★

   

☆解法の「ナゼ」にヒントをくれる本
◎中級段階(弱点補充本)
◎解法を思いつく流れを生徒の会話で演出し、さらに解法についての解説が詳しく述べられています。これは独学で進める人にとって非常に有益です。
◎簡単な問題もありますが、国立二次試験を対象にしたレベルの問題が中心です。
* 特に「数と式」では、整数問題の代表的な問題を取り上げていて、苦手意識を払拭するのに大きな役割を果たすでしょう


 ★ 東大・京大 ★

 東大・京大の合格平均レベルを示した本です。
 記憶するまで繰り返しましょう。
 順次、演習本を利用して定着を図ってください。
 数Cの対策はこのシリーズを薦めます。

1.スバラシクよくわかると評判の馬場敬之の合格!数学1・A
2.スバラシクよくわかると評判の馬場・高杉の合格!数学2・B
3.スバラシクよくわかると評判の馬場・高杉の合格!数学3・C
馬場敬之/著 高杉豊/著、マセマ出版社
★★★★★
☆ 入試問題の全体を眺める、問題集。
◎ 中級の核(ただし、問題数は絞られている)
◎ ひとつひとつを非常に丁寧に解説。
◎ 初級段階で学んだ数学の<ツール(解法)>を入試問題にどのように適応させるかを示した参考書。
◎ レベルは、難関大で<落としたら合格できない問題>が中心に収録。
◎ ただし、解説の量が逆に邪魔と感じる人もいるでしょうし、パターンの記憶に始終していると<理解不足>に陥り、伸びが鈍化するかもしれません。教科書やシグマトライの『定義の証明(加法定理のベクトル証明と式変形による証明など)』を繰り返して補強しましょう。



カテゴリー一覧に戻る  
スポンサーサイト


カテゴリー一覧に戻る  

2006.06.20 Tue l 数学 l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

A・SOの解法について
弱点補強の為に、A・SOの解法をやろうと思い、
アマゾンで検索してみると

微分・積分A・SOの解法
麻生雅久の数学数列・微積分(整関数編)A・SOの解法

上記の二冊がブログに載っている以外に購入可能だったのですが、これは文系ではなく、理系用の本なのですかね?微分・積分は新課程の数Ⅱでも出てきますが。

どうなんでしょうか?
2006.07.16 Sun l ロン. URL l 編集
麻生雅久の数学数列・微積分(整関数編)A・SOの解法は文理ともに使えますが、新課程の微分積分が出たならそちらを勧めます。構成が良くなっていますので。

微分・積分A・SOの解法は数3用なので、文型には全く不要です。
2006.07.16 Sun l nimsel. URL l 編集
そうですか~。ご丁寧にどうもありがとうございます。
2006.07.16 Sun l ロン. URL l 編集
高3で東大文Ⅱ目指しています。

数学が苦手なので、チェックアンドリピートをやっていて、もうすぐ仕上がりそうなのですが、今後の流れとしては、

スバラシクよくわかると評判の馬場敬之の合格!数学1A2B→文型数学のプラチカ(合格!数学  プラス110問題とどちらがよいのですか?)平行してA・SOの整数、

で間違っていませんか?

それと、
3.中級にいるのか、今一度の確認を行う。
をシグマトライを所持していないため行えないのですが、他に難易度的にふさわしいものはありますか?あるいは上記の流れで移行してしまっても大丈夫ですか?
2006.08.04 Fri l kimu. URL l 編集
チェック&リピートは問題集に過ぎません。
解法を日本語に置換する学習をしていないと、かなり滑稽な事態になりますが。。

あなたが提示した流れを実際に指導したことがありませんし、そもそもあなたの成績が分からないのでアドバイスもできません。

ただ、シグマトライを繰り返していた文系の生徒たちは、河合の記述で90%は切りませんでした。

いずれにせよ、HP・書店をよく読み、自分の「現状」を把握してください。「合格」「プラチカ」で十分合格ラインに乗りますが、やるに足らない学力だと、時間の無駄です。
2006.08.05 Sat l nimsel. URL l 編集
返信ありがとうございました。

つまり、あくまでチェック&リピートは基礎確認のアウトプット用にすぎず、基礎確立のためのシグマトライで「解法を日本語に置換する」という東大数学にもつながることを、完璧にせねばならない、ということですよね?

ということで、「解法を日本語に置換する」をしっかり身につけるために、シグマトライは購入した方が良いですよね?(青チャートは学校で一括購入しているのですが・・・)

長文・駄文失礼しました。
2006.08.06 Sun l kimu. URL l 編集
麻生雅久の解法 実戦!と言うものが書店に出ておりました。
報告しておきます。
2008.04.14 Mon l カイナ. URL l 編集
東大の文系の場合数3Cは試験範囲にはいらないのではないでしょうか?
2009.01.21 Wed l y. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hikyakusyoten.blog70.fc2.com/tb.php/37-faaac5fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。