上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 メイン本を通して「読解についての学習」は十分に行ってきたでしょう。最後は「読解訓練」をし、本番でのミスをできる限り抑える対策をしなくてはなりません。

 ただし「中級の確立」を行わないと、闇雲にこのレベルの演習しても効果は低いです。

 問題の難易度・合格点を考慮して、この段階まで必要となるのは「都市部の医学部」「京都大学理学部」「東京大学(上位合格)」「北海道大学獣医学部」です。


 必要分は書籍・教室の記述から各自で判断してください。

 ★ 実力チェック演習本 ★
 上級の学習をするのは、以下の本が合格レベルに達してからにしましょう。

1.大学への数学入試の軌跡/京大―10年間
著者: 「大学への数学」編集部
★★★★
☆ 近年の京大入試を利用する
◎ 2006の前期入試は5完。2005は4完。2004は5完。
◎ 後期・他の年度も同様に使えます。
◎ 「知っていたのに!」という誤りがなくなれば、上級への資格有りです。



2.実戦模試演習京都大学への数学
全国入試模試センター/編、駿台文庫
★★★★★
* 駿台京都大学模試は、都市部医学部の「実力チェック」に最適 
◎ 問題レベル:中級中心
◎ 合格点を考慮すると、傾向が独特の東京大学以外、この本のレベルが合格確実に最低ラインを示すでしょう。
◎ 5問分の得点を維持することがラインです。
* 現在在庫切れ。入荷され次第、更新します。

 ★ 総合型演習本 ★

1.解説がスバラシク親切な頻出レベル理系数学1・A,2・B,3・C 馬場敬之/著 久池井茂/著、マセマ出版社
★★★★
* 標準を捻った問題を解きほぐす訓練のために *
◎ 中級確立後
◎ 難関大とされる総合大学で出題されそうな「適度に捻られた」問題が収録。一言で言えば「試験場で差がつきやすい問題」が収録されています。
◎ 僕が勧める使用法は、「頭の中で検索にかけながら問題文の読解う」です。

 

2.解説がスバラシク親切なハイレベル理系数学1・A,2・B,3・C 馬場敬之/著 高杉豊/著、マセマ出版社
★★★★
* やや難・難と呼ばれる問題への読解・アプローチを学ぶための本 
◎ 上級
◎ 数学が非常に得意な人限定。問題数は絞られています。
◎ 「問題を解ききる」かどうかは、この段階ではどうでもいいです。大事なのは2つ。
 1.複雑または簡潔な問題に対し読解を行うことで、今までの知識に深みを造ること。
 2.「これ以上は解けない」という見切り点をつける訓練を行うこと。
◎ なお、この本は東京大学を意識した感があります。

3.西岡の数学ブリーフィング1・A・2・B 代々木ゼミナール
4.西岡の数学ブリーフィング3・C 代々木ゼミナール
 西岡康夫/著、代々木ライブラリー
★★★★★
* 標準を捻った問題を解きほぐす訓練のために *
◎ 解説は良い部分もあれば「今さら」という部分もあります。ですが、この段階では選ばれた問題の方が10000倍大事です。
◎ 中級完成後
◎ 一部無茶な問題がありますが、基本的には「都市部医学部の試験場で解けたら一歩リード」といえるような問題が収録されています。
◎ 僕が勧める使用法は、「頭の中で検索にかけながら問題文の読解う」です。

 

5.やさしい理系数学 河合出版
6.理系数学標準問題集 駿台文庫
★★★★
☆ 段階を踏んできた人には確かに「やさしい」問題集だが。。
◎ 標準典型~標準問題を中心に収録。
◎ 医学科であればやっておきたい目安の一冊。
◎ ほとんどの人はこのレベルを易しいと感じでないでしょうし、無理して『やさしい!』などと言う必要もありません。ただ、ベクトル、微分、積分、図形と式で難しいと感じるようであれば、力が足りていません。場合によっては初級の復習に戻りましょう。


 

 ★ 分野別演習本 ★
 時には量で攻めましょう。

1.数学〈理系〉微分 大竹真一/著、河合出版
2.数学〈理系〉積分 大竹真一/著、河合出版
3.数学〈理系〉微分・積分総合
4.数学〈理系〉図形と方程式 久徳高彦/著、河合出版
5.数学〈理系〉数列・極限 朝田康文/著、河合出版
6.数学〈理系〉確率 井上正祥/著、河合出版
7.数学〈理系〉ベクトル
8.数学〈理系〉関数と数と式
★★★★★
* 二次演習の定番書 *
◎ 中級確立後
◎ こだわって!の中でも優れた分野を選抜。学習効果の高くない分野は割愛しました。
◎ 難易度に差はあれど、このシリーズについていえることは「試験場に取りたい問題」を収録しています。
◎ 都市部医学部志望者にとって「こいつらを正解できるよう」学習を進めるのがひとつの目安であり、夏以降から直前までの「予想問題演習書」として機能します。

        

大学への数学 東京出版
★★★
☆ 日々の演習は、標準問題の演習。

 
スポンサーサイト


カテゴリー一覧に戻る  

2006.06.20 Tue l 数学 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

理系標準問題集。
やさしい理系数学は、一対一が定着していれば確かにやさしいです。一回目で、正解率は80パーセントを超えました。「やさしいなあ~」というのが正直な感想でした。ただ、理系標準問題集は、やさしい理系数学よりもずっと難しかったです。同じレベルの本とは思えません。正解率は、6割5分程度でしょうか。まあ、解答見ると、「一対一の問題の変形した形だ」とか気がつくんですが。個人的には、やさしい理系数学やったら、プラチカをやってみるといいんではないかと。旧帝大の医学部で必要な学力は、これ以上の問題集を自分でこなしてもつかないのではないでしょうか。Z会のMF1で解答訓練をしてみるといいのでは?ハイレベル理系数学はやってみてもいいかもしれませんが、印のついた問題はやらないほうがいいかもしれません。最近は、MF1も難易度が下がったので、一対一ややさしい理系数学をこなせるのなら、150点中100点は取れます。ここまでいけば、十分では?
2006.08.22 Tue l 後嗣。. URL l 編集
感想ありがとうございます。
確かに、変な問題が10~20問混ざってますね。

ちなみに、収録問題のほとんどが一対一と「やさしい」とかぶっているので、気にするほどの難易度差はないはずです。

後嗣さんのコメントの方向性が分からんのですが、「やさしい」について。

旧課程の「やさしい」は、このレベルの問題が50問くらい収録されていました。
新課程版になってそういった問題がほとんど消滅しましたが、全体としてみると、理系標準と大差ないと思います。「やさしい」で注意したいのは、正しい解答が書けたかどうかですね。雑にでも解けていれば東大まで余裕では合格点ですが、都市部医学部はキツイ。

これ以上の対策は、プラチカ3C、ハイレベル(印のついているものより、ついていないものの方がゴツイ)なり何なりが考えられますね。

ただ、解答訓練は、国語の能力があれば模範解答から学べますし、ゼット会がそこまで必要かと言うと疑問です。
2006.08.23 Wed l nimsel. URL l 編集
そうですか。
返信ありがとうございました。
Z会の利点は、解答がない中で、どれだけ自分の今の力で粘れるかという力を鍛えるのにはいいと思うんですが。でも、それなりの実力がないと消化不良を起こしますね。
あと、プラチカなんですが、やってて自分で感じたんですが、「やさしい理系数学」より難しいんですよね。
3Cは、ⅠAⅡBよりも難易度の高い問題が収録されていて、楽に解けた問題は少なかったです。
2006.08.23 Wed l 後嗣。. URL l 編集
研文書院の大学への数学はどうお考えですか??
東進の紹介に、「東大受験生のバイブルとしてあまりにも有名」とかいてあったので手をだしてしまってシリーズ全部やっていっているのですが、嘘だったのでしょうか。
マイナーなので、やっててかなり不安になってしまっています。
あのシリーズだけでは東大入試までは無理でしょうか??
2007.08.13 Mon l 物理. URL l 編集
>「東大受験生のバイブルとしてあまりにも有名」
 寡聞にて、上のような話を聞いたことがありません。

 黒大数ですが、いい本です。受験生時代、東大数学で80くらい取れるようになった後で「(都市部医学部レベルの)基礎がためにいい本だなぁ」と思って読んだこともあります。
 ところが、指導者としての視点で読むと、普通の受験生だと使う場面が無いんじゃないかなと思います。赤チャートより難しめですし。

 結局、使いこなせると思うならやればいいし、そうでないなら絶対にやるべきでない本でしょう。ご自身の判断でお願いします。

 ちなみに、あのシリーズ「だけ」では100%不可能です。
2007.08.15 Wed l nimsel. URL l 編集
やはりそうですか。黒大数、あまり定石が身に付かない気もしてきました。今から焦って1対1やっても時間的に厳しいですよね?? Ⅱ&B、Ⅲ&Cの定石がまだ不安なのですが、分野別で麻生の数列・ベクトル、微分・積分、佐々木の整数をやりつつなんとか黒大数一通りやりとげてからやさ理、というカンジで定石は身に付くでしょうか??
2007.08.15 Wed l 物理. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hikyakusyoten.blog70.fc2.com/tb.php/36-80a7b8c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。