上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
★ メイン本 ★

 『理解しやすい』『青チャート』のいずれかの使用、または『シグマトライ ⇒ チェックアンドリピート』の学習を前提にした流れです。都市部医学部に土台部分を作らずに挑もうとする人が非常に多いのですが、センター・英語や理科でよほどリードできる場合を除き、運頼みの勝負になってしまいます。

1.1対1対応の演習/数学1 大学への数学
2.1対1対応の演習/数学A 大学への数学
3.1対1対応の演習/数学2 大学への数学
4.1対1対応の演習/数学B 大学への数学
5.1対1対応の演習/数学3 大学への数学
6.1対1対応の演習/数学C 大学への数学
★★★★★
☆ 新課程になって生まれ変わった!
☆ 中級段階の完成へ
◎ 旧課程では使いかってに問題がありましたが、大幅な改訂により生まれ変わりました。 
 ☆ 例題
◎ 難関大学を目指す人が<試験場で取らなきゃいけない問題>の必要量を示しています。
◎解説は、簡潔で的を得ており、斬新な切り口も見せることがあるでしょう。 
 ☆☆ 練習問題
◎ 例題よりややレベルが上がる、演習にふさわしい問題。都市部医学部には最低ラインを示してくれた一冊とも言えるでしょう。
◎ 理解を伴いこの本を進めていくと、中級を卒業した自分に気づくでしょう。
* 特に素晴らしいのは、Bの総合問題と数3です。

    

 ★ 医学部攻略目安の100問+100問 ★

 医学部攻略の数学 河合出版
 ★★★★★
☆ 遂に出た、医学部対策最終版。
◎ 医学部の難易度は、出題される問題の難易度の高さにあるのではなく、一定以下のレベルの問題で高得点を上げる優等生的実力をつけることの難しさによります。
◎ しかし、偏差値的な難易度が高いため、本来出題されないようなレベルの問題を多く解き、しかも理解できないまま自己満足に浸る受験生のほうが多いと言う問題は、未だに解決されていません。
◎ そのような現状に終止符を右端がために出版されたのがこのシリーズ。
◎ 例題:全ての医学部受験者にとって、『本番で合否を分かる』問題が収録。演習を通じてこの本を学習し、今まで学んできた知識をもう一段上に引き上げましょう。回答に理解できない部分があるなら、あなたは中級確立以前で躓いています。場合によっては初級に戻りましょう。
◎ 類題:例題の発展問題です。ただ、コンセプトは同じ『本番で合否を分ける問題』です。ただし、例題は解ききることが求められますが、類題は「一定以上きり崩す」ことが出来ていれば本番では合格点は取れるだろうと思います。
◎ 正直、この本を使用するかどうかは、学習効果ではもちろん、学習指針においても重要なことになってくるのではないかと思います。
◎ 地方医学部は例題のみ。都市部医学部は類題までがひとつの目安になると思います。繰り返し演習しましょう。



カテゴリー一覧に戻る  
スポンサーサイト


カテゴリー一覧に戻る  

2006.06.20 Tue l 数学 l コメント (7) トラックバック (0) l top

コメント

名大の数学に確率分布が含まれているのですが、その場合メイン本としてはどうすればよいのですか?
2007.04.23 Mon l umetin. URL l 編集
都市部医学部を目指すのであれば、ご自身で判断されるのが一番だと思います。

経験上ですが、条件付確率や分散などについてはクリアーやオリジナルなどの簡単な問題集で計算テクだけ覚えればいいです。先生のフォローを受けるのが手っ取り早いです。

名大の場合、『確率漸化式』が条件付確率に含まれてしまっているために範囲指定を行っていると考えられます。心配な場合、「ハッと目覚める確率」までをものにすれば完璧です。
2007.04.25 Wed l nimsel. URL l 編集
ありがとうございます。やってみます!
2007.04.25 Wed l umetin. URL l 編集
現在高2で、北大医学部志望のmotochiです。
白チャートからの参考書選びについて質問させていただきます。
現在、白チャート(例題、類題、演習問題)を進めて、そろそろ終わりそうな定着度なのですが、
この後はシグマトライ→マセマ!合格→1対1という進め方でも、合格点に達することができるのでしょうか?
また、シグマトライを抜いてもこの進め方は問題なくいけると思いますか?
参考までに、高2進研模試11月では、偏差値が、
国64.6 数66.0 英71.9でした。
よろしくお願いします。
2008.01.15 Tue l motochi. URL l 編集
シグマトライを飛ばすよりも、シグマトライレベルの参考書を学習したほうが学習効果が高いと思います。

その理屈は単純で、「訓練」になるからです。医学部入試の特徴を1つ言うならば、「小さなミスが大きく影響する」です。偏差値70を超える人たちが僅か70-90人の定員枠を巡り争うのです。安定して合格しようとするなら(勢いで合格する定員の半数近くの人には当てはまりませんが)「本番のその一問でミスしない」学習が必要になるでしょう。

解説が優れていることからシグマトライを勧めていますが、黄チャートやニューアクションβ、オリジナルやスタンダードでも構わないかと思います。80%以上を自力で正解できることを演習により確認してみてはどうでしょうか。「正解できる」と「その問題集を完璧にしている」はかなり異なります。

最後に。都市部医学部を目指す、そして合格しうる人は勉強に強いタイプの人だと思いますし、環境的にも恵まれた人でしょう。僕の個別のアドバイスなど必要としない状況を整えるべきだと思います。
2008.01.15 Tue l nimsel. URL l 編集
私的な意見なのですが、「医学部攻略の数学」の位置を
7番の中級演習を超える、の位置に移したほうがわかりやすくなるのではないでしょうか?
2008.05.18 Sun l ぺろ. URL l 編集
学校で数一とかは受験編のメジアン 数Ⅲは受験編のオリジスタンをやってます。医学部ですが、初級はこれ完璧にすれば完璧といってよろしいでしょうか??このあと一対一やって過去問に進むつもりですが、、。
青チャートとか今からやるのはなかなか苦だと思いましたので、、。
2008.05.20 Tue l 新高3です。. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hikyakusyoten.blog70.fc2.com/tb.php/34-c9c532d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。