上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 文系の難関大学では、
 1.標準典型問題で高得点をとらせる
 2.標準問題で部分点をとり、標準典型問題を洩らさずとる
 の2つのことが要求されています。

 どの程度学習を行うかは、書籍・教室の記述から判断してください。

 ★ 1.標準典型問題で高得点をとる ★

1.系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B 鳥山昌純/著、河合出版
★★★★★
☆ 文系難関大の決定的演習書 
◎ 標準典型問題を中心に収録されており、頻出分野は標準問題まで踏み込んだ出題。 一橋大学、北海道大学、東北大学、九州大学の的中問題が収録されている問題集が存在します。また、この本のレベルが出来ていれば、東京大学・京都大学、ともに合格点をとることが出来ます。




2.合格!数学1・Aプラス110問題
3.合格!数学2・Bプラス110問題
馬場敬之/著 高杉豊/著、マセマ出版社
★★★★
☆ 文系数学最終段階
◎ <合格者がとっている問題>を中心に収録。
◎ 本番でミスすることなくこのレベルを取ることができたなら、難関大の文系でも十分合格です。東大・京大の最低ラインも十分超えます。

  



* 文系の数学上級へ到達 *

実を言えば、「1.標準典型問題で高得点をとる」の内容が身についていれば、東大・京大であっても、合格点を取る実力はつきます。

これ以降は、より確実性を高めるための対策が中心となるので、数学が苦手な人は「1.標準典型問題で高得点をとる」に留め、他の科目の点数を意識しましょう。


藤田の壁を超える数学I・A・II・B―代々木ゼミ方式
著者: 藤田 健司
★★★★★
☆ 実力チェック演習書
◎ 中級確立まで適時。
◎ 苦手とする人が多い標準典型問題を中心に扱っています。
◎ この本の最大の特徴は、標準典型問題と同テーマの初級問題を取り扱うことによって、その分野への理解度を測ることが可能であることです。
◎ わずか50問程度の演習問題の中に、初級でこなしてきた500~700問をまとめるエッセンスが詰まっています。



大学への数学 スタンダード演習
★★★★★
◎ 「易しすぎず、難しすぎず」がテーマの一冊です。東大・京大受験者で確実に合格点を取ろうと思ったときの目安の一冊でしょう。

新数学スタンダード演習

 

解説がスバラシク親切な頻出レベル文系・理系数学1・A,2・B 新課程 馬場敬之/著 高杉豊/著、マセマ出版社
★★★★
☆ 類題が期待される標準問題
◎ 文系で、数学が非常に得意で、なおかつ周りに大きなリードを作りたい人が、仕上げに使用する本。
◎ 工夫がいるのは採点のときです。単に正解かを確かめるだけでなく、57問全てを今までの教材の内容と対応させつつ進めることで、問題を読解する能力が培われていきます。

 

西岡の数学ブリーフィング1・A・2・B 代々木ゼミナール 西岡康夫/著、代々木ライブラリー
★★★
☆ 捻った標準問題を解きほぐす訓練のために 
◎ 解説は良い部分もあれば、「今さら」という部分もあります。ですが、この段階では選ばれた問題の方が10000倍大事です。
◎ 整数問題・分野横断問題など、京大・東大で差をつけるチャンスを与えてくれる参考書になるでしょう。

  カテゴリー一覧に戻る  
スポンサーサイト


カテゴリー一覧に戻る  

2006.06.15 Thu l 数学 l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

藤田の壁を越える数学が絶版のようなのですが、ほかにこの本の代わりになるようなものはあるでしょうか?
2006.11.19 Sun l アンカツ. URL l 編集
ありません。

東大で上位合格を目指すのなら頻出レベルですが。
2006.11.19 Sun l nimsel. URL l 編集
*注 「3・4」と5はどちらか一方で十分です。

とありますが、5は新数学スタンダード演習を指していると理解して良いのでしょうか。
2007.03.08 Thu l 名前を付けてください. URL l 編集
その通りです。修正しておきますね。
2007.03.08 Thu l nimsel. URL l 編集
はじめまして。東北大経済学部志望の新浪人生です。
学習予定として合格!数学プラス110問題ⅠA・ⅡBをやった後、藤田の壁を超える数学I・A・II・Bと文系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・Bをやろうと思っているのですが、藤田とプラチカはどちらを先にやるといいですか?
2007.04.05 Thu l ko-sei. URL l 編集
2の「壁を越える」の説明で4つ目の◎
の「2と併せて必携」と記述してありますが、
この場合の2とは何を表すのでしょうか?
2008.04.04 Fri l akiba. URL l 編集
古い部分が残っていましたね。変更しておきますね。
2008.04.11 Fri l nimsel. URL l 編集
はじめまして、カイナと申します。
藤田の壁を超える数学I・A・II・Bに改訂版が出ておりました。さらっと見た限り問題数や配列が変わっておりましたので報告しておきます。
2008.04.14 Mon l カイナ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hikyakusyoten.blog70.fc2.com/tb.php/28-c62b3d2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。