上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 中級では、メインの本を1冊演習し、必要に応じて確認の演習を追加する、というスタイルが一般的であると思います。強化が必要な計算や有機は特化した本を利用しましょう。

 ★ 中級の確立 ★

1.実戦化学1・2重要問題集 数研出版
★★★★
☆ 総合問題集
◎ 中級の確立 
◎ ほぼ全ての典型問題を収録した問題集。
◎ 特に、無機は全国どこの大学でも十分な質が用意されています。
◎ 解説の簡潔さで非難されますが、お門違いです。
◎ この段階の問題集をやるべき受験生は、基本レベルの本を「実際に身につけた」人たちだけです。そして、その人たちにとっては「簡潔ながらも詳しくなった解説」に困ることはないでしょう。

2. 実力をつける化学 理論編 
 実力をつける化学 無機・有機編 

★★★★
☆ 指針明示参考書兼総合問題集
◎ 中級の確立 
◎ 化学合格レベルラスト問題集として最適です。
◎ また、解法の指針を立ててくれていることで使いやすさも高いです。

3.化学1・2標準問題精講 鎌田真彰/共著 橋爪健作/共著、旺文社
★★★
☆ 方針問題集兼参考書
◎ 中級中心 
◎ 量を絞って良質の問題を収録しています。
◎ 解説も非常に丁寧で、重要問題集をやる前にこちらでポイントを身につけるのも非常に良い選択肢です。
◎ オススメの使用状況は、<初級を丁寧にやってきた河合ボーダー62.5~65を志望する>人が、短期間で対策を終える場合です。



4.福間無機化学 旺文社
★★★★★
☆ 無秩序な暗記に別れを告げる無機参考書
◎ これと重要問題集のコンボで全ての大学における合格ラインに達します。
◎ 特に注目したいのが、<酸・塩基の酸化力に割拠した反応式の書き方>などの、暗記量を減らす学習の仕方を与えてくれる点です。

5.化学の計算 改訂版―原点からの化学
著者: 石川 正明;
★★★★
☆ 不満は、難易度。
◎ システマティックな解法を、原理説明から与えてくれます。泥臭くても必ず解ける解法を提供する、というテーマにおいては『照井式』と同じです。




 ★ 上級へ ★

1.化学1・2の新演習 理系大学受験 卜部吉庸/著、三省堂
★★★★
☆ マスター目安の1冊。
◎ 演習問題集としては上級。記憶としては中級。
◎ この本を使うなら、演習用にしたほうが、最終チェックとして役立ちます。
◎ 既に得てきた知識で80%の問題は解けるようになっています。残り20%は、新研究で調べ、現象理解を深めることに使用すれば十分です。

2.化学1・2の新研究 理系大学受験 卜部吉庸/著、三省堂
★★★★
☆ 高校化学辞書
◎ 上級向け
◎ 上級で安定するには、ある程度細かい知識が必要となってきます。それに応える唯一の本でしょう。

 

3.有機化学演習 石川峻/著、駿台文庫
★★★★
☆ 有機強化本
◎ 上級レベルで標準までの有機を完璧にしたい人向け。

4.理科〈化学〉天然有機化合物・合成高分子化合物
著者: 永井 達浩
★★★★
☆ 高分子強化本




カテゴリー一覧に戻る  
スポンサーサイト


カテゴリー一覧に戻る  

2006.06.15 Thu l 化学 l コメント (5) トラックバック (0) l top

コメント

駿台の『化学の計算』について質問なのですが、
現在、九州大学薬学部を志望していて化学を過去ログの『東京農工大獣医 再受験』の所を参考にさせてもらっているのですが、書店では中級の確立の所にこの本が置いてありますが、nimselさんは、過去ログで初級向けと書かれていましたが、この本は初級でも使えるのでしょうか?
2007.02.10 Sat l ソメイヨシノ. URL l 編集
>ソメイヨシノさん
 使えます。化学の計算の<道筋>を立てた本なので、らくらくマスターなどで最低事項を記憶した後なら、十分に学習できます。初級と中級の両方に属するタイプの本ですね。
2007.02.27 Tue l nimsel. URL l 編集
ご回答いただきありがとうございます。
らくらくマスターを記憶し終えたのでサブとして使っていこうと思います。
2007.03.02 Fri l ソメイヨシノ. URL l 編集
先日受けた駿台模試で化学は努力が報われて重要問題集レベルだけで偏差70あったのですが、夏休みの間感を鈍らせないように今年の入試問題集を買ってやっていくというのはいい計画でしょうか??
それとも、もう一周ぐらい化学重要問題集をやるべきなんでしょうか?? 
2008.07.14 Mon l 高三. URL l 編集
それだけの成績であれば、僕が「こうしろ!」というのは危険だと思います。

1)重要問題集の復習をやった場合
2)2009入試問題集をやった場合
 の状況を考えれば、答えが出てくると思います。

 次に、僕だったらこうする、という話です。
 僕であれば1)を選びます。駿台全国模試で70であるなら、重要問題集で伸びる余地があるし、何より化学の学習量を増やしているような状況ではないからです。医学部志望として追いついていない英語や数学、あるいはセンターの完成が先だと考えます。
 化学は1)を選び、そこに総合大学の簡単な演習を週に1度くらいを目安に追加します。そうすれば、重要問題集で身につけたことをより一層表現できるになるし、教材数を増やす必要もないから短時間で伸ばせるからです。

 どうしてもアドバイスを、と言われれば、上のようになります。ただ、最終的な判断は高三さん自身が行ってくださいね。
2008.07.14 Mon l nimsel. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hikyakusyoten.blog70.fc2.com/tb.php/26-a8b5f329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。