上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 医学部・東大・京大を意識した、中核からの接続です。

 エッセンスまでの知識で満点を狙えるだけの「下地」を手に入れることが出来る反面、得点を安定するのに苦心する科目です。

 逆に言えば、エッセンスまででたまたま高得点を取ってしまう可能性もあるわけですが、取った本人は「実力」だと思い込んで宣伝します。

 本番に泣くことがないよう意識すべきことは次の2点です。

 1.知らない問題形式を無くす

 2.物理法則への理解を深める

 ★ 代表的状況設定の全てを押さえる ★

 新体系物理1・2 大学受験 下妻清/著 岡田拓史/補訂、教学社
★★★★★
☆ エッセンスの知識の確認用問題集
◎ 中級の完成 
◎ 入試問題の全ての条件設定を詰めた一冊。エッセンスの定着・知識の漏れの防止のために使用します。
◎ 収録されている応用問題だけでも、地方の総合大学の医学部には十分通用します。

 

 ★ 物理への理解を培う ★

 物理に苦手意識がある人は1、得意にしたい人は2を薦めます。

1. 物理教室 河合塾物理科/編、河合出版
★★★★★
☆ 物理総合参考書
◎ 初級から上級入りまで
◎ 数式の導入、イメージの導入。両方を適切に示してあります。
◎ 指導者に恵まれることが非常に難しい物理。その道標としてもっていることを勧めます。

2.新・物理入門 山本義隆/著、駿台文庫
★★★★
☆ 物理数式導入書
◎ 中級の完成から上級確立まで 
◎ 解法暗記だけでは伸び悩む時期が来ます。
◎ 物理現象の理解の助けとして、公式化への過程を学びましょう。それが、中級における学習を大幅に効率化します。
◎ ただし、エッセンスはマスターしてからでないと意味がありません。体系新物理の学習とともに扱うことを薦めます。

 

 ★ 長文問題集 ★

1.名問の森物理 力学・波動
2.名問の森物理 電磁気・熱・原子
浜島清利/著、河合出版
★★★★★
☆ 中級長文問題演習
◎ 1・2は長文慣れを目的に使用します。
◎ 目標正答率は80%。足りていない部分を冷静に見つめましょう。

  

3.為近の物理演習I・II―代々木ゼミナール 著者: 為近 和彦
◎最終チェック用
◎適度に難しい問題を収録しており、余裕のある人の最終確認に向いています。



 ★ 物理を完璧にする ~ 全パターン入手 ~ ★

 難問題の系統とその解き方物理1・2 新課程 服部嗣雄/著、ニュートンプレス
★★★★
☆ 物理入試演習書 上級 
◎ 例題のみでは意味がない!! 
◎ この本の醍醐味は、ほとんど全ての入試問題形式(問題の流れ)を収録してあることです。
◎ 問題のレベルは、
「例題:標準典型:標準:やや難以上=3:5:2」
「問題:標準典型:標準:やや難以上=3:4:3」
◎ 特に難関とされる医学部で確実なリードするには、やっておきたい本ではあります。

 ★ 物理、難問への突破口 ★

1.新・物理入門問題演習 山本義隆/著、駿台文庫
★★★
☆ 微積物理問題集  上級  
◎ 大学入試においては、「微積物理」はあまり多用できないという、自己矛盾を示した本。
◎ ただ、着眼点として数学的背景を考えることは、このレベルの物理にはしばしば要求されることです。
◎ ひとつの読み物と扱い、簡単な微分、積分をどのように入試問題に用いるかを学ぶにはいいでしょう。
◎ ただし、自分で解こうとすると、時間的に不合格になってしまうので注意しましょう。

 

2.理論物理への道標 上 
3.理論物理への道標 下 著者: 杉山 忠男
★★★
☆ 物理問題集最終ライン
◎ 東大、京大医学部、東大・京大後期対策
◎ 収録問題の多くは、東大模試の過去問題を中心としたハイレベルな問題。
◎ この本が70%解けるようになれば、東大理科3類だろうが、京大医学科だろうが、合格には全く問題ありません。

 

  カテゴリー一覧に戻る  
スポンサーサイト


カテゴリー一覧に戻る  

2006.06.15 Thu l 物理 l コメント (26) トラックバック (0) l top

コメント

浪人で駿台に通っています。上と同じ人です。
>>運動方程式から運動量保存やエネルギー保存を導出するような授業
これは一番最初の授業しかやらないと思います。
なぜこの式がでてくるのか、というところから授業をやっています。
講師も阿呆ではないので、微積でずっと解くわけありません。使えるところはさっと使い時間を省くというスタンスでやっています。また一番最初の授業でいかに短時間で解くかという説明をしていました。
それと、夏までは自分の勉強(独習)をするな、と強く言われました。テキストだけでいいと。だから、上のような質問がでたのだと思います。別にやりたきゃやればいいが、変なクセがついて伸び悩む可能性があると言っていました。
だがnimselさんはその対処法として本をあげているため、結局は自分の選択の問題だと考えています。
補足として、東大に合格した彼は物理0点でも受かっていたらしいです。60を狙ったわけではなく、結果的に60になったと思いますが、それがまた狙った勉強をしたと言われればそれまでです。。
2007.04.25 Wed l 通りすがり. URL l 編集
そりゃ、その人が勉強に強い人だったんですね。そういった、余裕のある人なら、何をやっても良いかと思います。(たぶん勉強法も必要ないでしょうしね。。)
2007.04.25 Wed l nimsel. URL l 編集
理1志望の者です。 今橋元の理系物理をやっていて、次に何をやればいいか迷っているのですが、漆原の明快解法講座をやらずに応用解法講座をやるのは可能でしょうか??  また、応用解法講座をやってから、名門の森や、為近の物理演習に行くことは可能でしょうか??
学校で、どちらでもいいという感じで重要問題集は買わされたのですが、漆原や名門の様な解説のタイプの方が好きなので、やらないでおこうかと思っています。
2007.08.04 Sat l 物理. URL l 編集
物理の鍵を握るのはエッセンスですが、そこを確実に押さえているのでしょうか? 『エッセンス+橋元の理系物理』で東大模試でも32-38点は確実に取れます。

そこに達しているかどうかをまず考え、教材数を増やす必要のない物理で無駄な学習をしていないでしょうか?
他の科目も視野に入れて学習してくださいね。
2007.08.06 Mon l nimsel. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007.08.06 Mon l . l 編集
はじめまして。理3志望のものです。

2006年の東大物理は非常に難しく、すべての東大模試で50点以上マークしてて代ゼミの東大京大物理演習を受けていた先輩方数人が、みな本番で30点台に沈みました。
この年の東大物理でも確実に48点以上をマークするにはどうしたらいいでしょうか?
管理人さんのプランで大丈夫でしょうか?
2007.10.15 Mon l やの. URL l 編集
僕は東大模試で50点以上ではなかったのでそこについてはコメントできませんが、2006の物理の問題がそんなに難しいとは思いません。(理科1類の合格平均は42.9点です。理科3類は48.7点です)

そもそも東大模試で50点以上取っているような人は非常に限られていますし、そのような人たちが全員失敗するとは考えにくいのですが…

とりあえず東大模試で40-45ならあのプランで確実でした。理科三類を志望するならあの程度ことはもうやっているでしょうから、プラスアルファについてはご自身で判断してください。
2007.10.17 Wed l nimsel. URL l 編集
2006の物理は得点調整したのではないか、という話を聞いたことがあります。先輩二人(どちらとも合格)に聞いたところ、二人とも第1問がほとんどできず残り2問を無難に解答して、あわせて35点前後ではないかと言っていたが、開示したら44、43点でした。
実際のところはわかりませんが、あるのかもしれません。
2007.10.20 Sat l 通りすがり. URL l 編集
新・物理入門が難解すぎませんか?&物理の独学
はじめまして。
理3志望です。本番では物理は50点以上取りたいと思ってます。

今まではじめからていねいに→漆原明快→エッセンス→漆原応用→名門の森→体系新
とやってきたのですが、新物理入門が難解過ぎてさっぱりわかりません。どうしたら理解できるようになりますでしょうか?

阪大医に受かった先輩も「物理の記述模試での偏差値はコンスタントに70を超えていたが、新物理入門の半分くらいは理解不能だった」と話しています。

あと、実は私は理転なので高校では物理をまともにやっておりません。その代わり通年の為近先生のハイレベル物理(パンフレットを見ると今年から対象レベルがさがったらしい)を取っているのですが、高校の物理はやってなくてもこれで学校の授業の代用になりますでしょうか?
2007.10.26 Fri l なまら. URL l 編集
明らかに不要な部分はカットすればいいです。というか、それくらいの要領がないと医学部は受からないかもしれないです。
具体的には、光波・原子などの複雑な数式は大学入試では不要です。「現象理解の助け」という本来の目的を忘れないように使用してくださいね。
2007.10.27 Sat l nimsel. URL l 編集
>通りすがりさん
 僕の知っている標本数は少ないですし、東大模試で物理50点以上をマークするような人たちがいる高校であるなら先輩の話の方が正確かもしれませんね。部分点を多くつけた可能性も否定できませんし…貴重なデータをありがとうございました。
2007.10.27 Sat l nimsel. URL l 編集
標準問題精講
最近ちょこちょこ名前を聞くのですが
物理 標準問題精講についてnimselさんはどう考えますか。
難系レベルの問題集のようですが
2007.11.15 Thu l うろうろ. URL l 編集
いい問題集ですが、名問の森や難系の例題よりも難しい例題が多いです。名問の森を身につけてしまってさらに上を目指す東北大医学科や東大志望の人くらいではないでしょうか。
2007.11.27 Tue l 名前を付けてください. URL l 編集
途中からすいません。
でしたら、名門を完璧に身に付けてしまって物足りない気がしてもう一冊やるのなら、標問よりこのページに書かれている為近の物理演習方が良いということですよね?
為近の物理演習も標問のように重要例題がレベルが高くて、練習問題はレベルが下がるようなのですが、やるのは例題だけでいいのでしょうか?
2007.12.30 Sun l 阪医. URL l 編集
名問を「完璧」にしたら受験対策はほぼ終了だと思いますが。。そのレベルになると為近でも標問でもほぼ全て自力で解けるでしょうし、阪大物理なら90%を狙えるラインだと思いますが。。
2008.01.15 Tue l nimsel. URL l 編集
お返事ありがとうございます。
センター以降2次にむけて、やらないと力が落ちてしまいそうなので、いつも問題には触れたいと思うのですが、過去問を解く以外は、これまでやってきた、知っている問題を復習するだけで良いのでしょうか??
2008.01.15 Tue l 阪医. URL l 編集
阪大医学部を目指し、そして合格しうる人なら、当然自分で判断できるかと思います。そして、判断するのに十分な情報は先のコメント・記事に書いてあると思いますので、お任せします。

なお、「名問を完璧にする」が「問題を全て解ける」という低次元の認識である場合、危険であるように思います。
2008.01.15 Tue l nimsel. URL l 編集
いつもお世話になっています。
医学科志望です。質問ですが宜しくお願いします。
大学受験の教科書に「為近先生 通年講座 ハイレベル
物理」を用いることで・・・
と書いてありますが、通年講座 解法の必然性では代用出来ないでしょうか?
聞いた話ではハイレベル物理では公式の導出の説明など
もするようですが
私は去年苑田のハイレベル物理で公式の導出等も苦しみ
ながら何とかついていったけど全体的に身については
いないという状況です。(エッセンスも身についてない
状況で微積物理に挑んだのが小門違いでした。現在
エッセンスの復習中です)
今現在,新・物理入門を見てみると話としては知ってい
ることが多いけれど積分計算が嫌という感じです。
また上で述べた為近先生の2つの講座は授業数も倍違う
ので扱う問題数も当然違ってくることからハイレベル
物理の方がいいに超したことは無いと思っていますが
値段の方も変わってきますので迷っています。
もし代用できるとすれば、満たすべき条件等はあります
でしょうか?
2008.03.12 Wed l shintoki. URL l 編集
苑田のハイレベル物理を完璧にするべき
2008.03.12 Wed l master. URL l 編集
>shintokiさん
「大学受験の教科書」をよく読んでくださいね。そういった状況であれば、為近先生の講習を取るとするなら、夏期の必然性で十分ではないかと思います。

masterさんも書いていますが、まずは今年1年やってきたものを完璧にすること。理科はエッセンスなりテキストなりが正しく学習できていれば、必ず成績は上がります。先々のことではなく、まず目の前のことに集中してください。

>masterさん
適切なアドバイス、ありがとうございます。
2008.03.12 Wed l nimsel. URL l 編集
nimselさん、masterさん有難うございました。
まずは復習に専念したいと思います。
2008.03.13 Thu l shintoki. URL l 編集
高等学校の物理の授業受けずに物理を最難関レベルに
初めまして。
再受験で大阪大学・九州大学・東京医科歯科大学医学部を志望しています。
現役時代は生物選択で、物理は限りなくゼロに近い状態です。何で物理受験しようかと思ったかを言いますと、阪大特に医学科は二次試験で生物選択者が圧倒的に不利な上にセンターで物理を必修です。九大にいたっては生物不可、医科歯科も生物不利と言われています。
それに、現役時代も生物は足を引っ張っていたし、もともと好きでも得意でもありませんでした。
橋元→エッセンス→為近基礎(実況中継併用)とこなし、センター試験の過去問なら満点ゲット達成しました。
今年は代々木ゼミの為近先生の授業を受講することになっています。

物理に関しては、高等学校の授業なし、予備校の授業と参考書問題集のみの学習で最難関合格までの実力に仕上げるのは可能でしょうか?今からでも生物に鞍替えしたほうがいいでしょうか?

物理の勉強を始めてからnimsel様の著書を購入して「物理は独学が難しいので選択できるなら避けるべき」という記述を見て、急に不安になってしまいました。
2008.04.15 Tue l ニュータイプ. URL l 編集
それほどの難関大学を目指され、合格レベルに達する資質がある人なら、十分独学できると思います。しかしこれは「結果論」でしかありません。

そもそも、理系の大部分の人が物理を選択し、生物を選択するのは医学系志向が強い人か成績の悪いたちが中心です。
そのためか、学校で生物をやっていて物理に鞍替えして成功したケースをほんとど聞いたことがありません。物理から生物に鞍替えするケースは実際に見聞きします。

蛇足ですが、医学部での勉強は大学受験の生物より遥かに難しいです。それでも、物理選択の人間でも困りません。生物選択者が有利なのはほんの数ヶ月だけです。

繰り返しますが、結果論でしか語れません。1年後に医学部に余裕をもって合格するだけの高い能力をお持ちなら、十分可能だろうと思います。センター物理で満点をとっていることから、大丈夫かもしれません。ただ、記述、特に大学別の問題でしか推し量るのは難しいかと思います。

「困難」と「不可能」は大きな隔たりがあります。安心してとは言えませんが、冷静に対処してくださいね。
2008.04.29 Tue l nimsel. URL l 編集
新・物理入門
「なまら」さんと同じく新物理入門が全然理解できません。
名問の森も難系もこなしましたが、管理人さんのおっしゃる「現象理解の助け」にすらならないくらい理解できないんです。
抽象的過ぎるというか難解すぎるというか。

微積分による理解の導入をしたいと思った(微積分を使わない物理にある種の壁を感じてしまったため。とはいえ、微積分を使えばバリバリできるようになるという幻想までは抱いていませんが)のですが、最低でも現象理解の助けになるくらいまであの本を使いこなすにはどうしたらよいでしょうか?
管理人さんはあのような難解な本を理解できるというのは個人的に尊敬してしまいます。
2008.09.20 Sat l やの. URL l 編集
管理人さん
たぶん、現行過程では数学の微分方程式をやらない子が
多いため、物理入門の敷居が、高くなっちゃうのでは?
読み物というより、物理現象を定性的に手を動かして
理解しようという姿勢で臨まないと挫折してしまう気がします。それがこの本の醍醐味でもあると思いますが

2008.09.23 Tue l かてきょ. URL l 編集
>やの さん
 名問の森も難系もこなしました とありますが、たとえば河合記述なら95点以上、東大模試なら45点以上を取れているでしょうか。

以前のコメントに
「明らかに不要な部分はカットすればいいです。というか、それくらいの要領がないと医学部は受からないかもしれないです。具体的には、光波・原子などの複雑な数式は大学入試では不要です。」と書きました。

 高い学力を持つ人を苦しめるような本ではありません。単位を理解していて、微分と積分の意味を理解していれば、ほとんどのことを理解できます。
 大学に入れば、あの本に書いてあることは基本中の基本ですから、名大や東北大などの工学部より難しい大学を受かるだけの学力を持った人が理解できないことはないでしょう。

 数学を最初に習ったときと同じように、数式を実際に書いて流れを確認すれば、理解できるはずです。そして、数式じゃないところのほうが重要度が高いかもしれません。

>かてきょ さん
 微分方程式を学習していたのは遥か昔の世代ですから、僕自身や僕が指導してきた生徒は関係ないですね。
 そして、物理という科目を考えれば、手を雨後か貸して学習するのは基本中の基本だと思います。
2008.09.23 Tue l nimsel. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hikyakusyoten.blog70.fc2.com/tb.php/24-b91e5425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。