上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
初学者は、
忘れてしまった高校の物理を復習する本 で全体像を掴み、橋元の物理をはじめからていねいに を使いつつ学校の問題集の基本問題(orエッセンスの*なし 、らくらくマスター)を学ぶことから始めます。

そこそこテストなどで勉強してきた人が受験に本腰を入れる場合、
エッセンス or 学校の問題集 を中心として、わからないところは 大学入試 漆原晃の 物理I・II が面白いほどわかる本 で補いながら勉強します。

あとはハイレベル編の長文問題集を1冊やれば、ほとんどの大学に合格。追加するにしても1冊で十分。

*********************

忘れてしまった高校の物理を復習する本(中経出版) 
★★★★★
☆ 必須入門書(読み物)
はしがきから8章までを読むことで理解を導入できるだけでなく、全体像を知ることが出来る。高校で習う物理を楽しく伝えてくれている本なので、この本に興味を持てるかどうかで物理を選択するのをやめるかどうかを考えられるはずです。

橋元の物理をはじめからていねいに 力学編 / 熱・波動・電磁気編 橋元淳一郎/著、ナガセ
★★★★
☆ ほんとうの初学者はこちらから
 入門段階で、基本的な「イメージ」を解説、基本問題ですぐに確認という形態をとっています。使用法は、著者の誘導どおりでいいでしょう。中核を外すことなく、ここまでていねいに解説した本は、現在は他にありません。学校の問題集の基本問題やエッセンスなどで練習しながら進めましょう。節ごとに復習するのも大事です。





大学入試 漆原晃の 物理I・II が面白いほどわかる本 漆原 晃
★★★★★
☆ 最高の参考書
 エッセンスで分からないところがあったり、未消化を感じる受験生が大半でしょう。もしエッセンスをマスターしていれば、河合記述で偏差値65を超えますから、成績の上でもそのことは推測できます。
 しかし、この本の登場で、非常に勉強しやすくなりました。
 エッセンスを何回かやった人なら、この本で一つ一つの分野を固めていけば、一気に成績が伸びるでしょう。曖昧だった知識が整理できるからです。逆に言えば、単に問題が解ければいいと考えていると、やる意味はありません。
 この本だけで「エッセンス」のように広範囲をカバーできませんが、2つの使い道があります。

1)上位進学校に通っていて、「アクセス」などを使っているが、解説のための参考書が欲しい
 → 進度にあわせてこの本を読み、問題を解く
 → アクセスを繰り返し解く。時々、この本を復習する。
2)「エッセンス」をやってきたが、どうも学力が伸びない。参考書を1冊で済ましたい。
 → この本を分野ごとにマスターする。
 → エッセンスの同じ分野の問題を解く。

 それまでアクセスなどでテスト勉強についてきたが、受験までに物理をそれほどやれない人は、この本だけを完璧にしましょう。繰り返し解き、過去問を分野ごとに解きます。この勉強でも、中堅大学なら十分対応できます。 

*注意!*完全な初学者は手を出してはいけません!


物理のエッセンス力学・波動  電磁気・熱・原子 浜島清利/著、河合出版
★★★★★
☆ もはや外せない参考書兼問題集 
 入門から中級の核までをカバーした定番書です。「橋元の物理をはじめからていねいに」は学校の授業が良質であれば省略していいのですが、「受験対策にはエッセンスを使わない理由がない」とまで言えるほどの良書です。入試問題を解く際の「決め手となる道具」を、ほとんど収録されていて、論理的な背景が適度に紹介されています。「問題演習・記憶」⇒「章の解説を熟読」を繰り返すシンプルな使用法で、効率的に伸びます。



為近の基礎物理I・II―代々木ゼミ方式    代用本は基礎問題精講
著者: 為近 和彦
★★★★
☆ 知識を受験レベルに引き上げる
 『必然性』と言う形で、文章から必要な情報を読み取り、適切な法則に当てはめることを伝えてくれる唯一の本です。ここまでで大半の大学に対応できます。



高校の物理をイチからおさらいする本 電磁気編
★★★★
☆ 力学は分かっているんだけど…という人用
 電磁気は具体的にイメージするのが難しく、多くの受験生が苦労します。この本はその苦労から受験生を救い出すものです。「エッセンスの*くらいは分かるけど、どうも暗記しているようで気持ち悪い…」という人は参考にしましょう。


 ★ 伸び悩みの解消を図る ★
 一定の水準から伸びなくなった人は、『イメージ先行』『数式先行』のどちらかです。バランスを整えなければ、そこから抜け出すことはかないません。

NEW浜島物理1・2講義の実況中継 高校物理 上
NEW浜島物理1・2講義の実況中継 高校物理 下 浜島清利/著、語学春秋社
★★★
☆ 講義型参考書 
◎ エッセンスの著者の浜島先生の講義本です。エッセンスよりも、<噛み砕き・ていねいな解説>がなされています。収録された問題は、代表的な基本問題と、つまづきやすい基本問題の2種類。解答だけではなく、理解に至るまでの語りが素晴らしく、エッセンスで行き詰まった人の役に立つでしょう。この本が理解できる人は「橋元の物理をはじめからていねいに」は必要ありません。

スポンサーサイト


カテゴリー一覧に戻る  

2014.12.18 Thu l 物理 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

先日「コメントルール」欄でアドバイスを頂いた者です。

物理はセンター試験対策のみとなるため、Ⅰの範囲に絞った学習をすることになります。
「鉄板」であるエッセンスを持っているのですが、電磁気・熱・原子編のⅠ・Ⅱの範囲分けがあいまいなため、この分野についてはトライアル物理Ⅰを使用することにしました。
そこで質問なのですが、熱・波動の分野のみエッセンスを使用するよりは、どちらもトライアルを使った方が、全体として学習の流れがスムーズになるのでしょうか。

また、これは英語についての質問なのですが、「新・英文法で大切なこと」を使用することで、「英文法・語法」をカットする、というのは避けるべきでしょうか。
2010.05.03 Mon l barefoot. URL l 編集
追記
こちらはまだ本格的な公開前のもののようで、別の記事に書き込むべきだったでしょうか。

ただ、必要があれば別の記事に書き直しますが、状況をより正確に書くべきだと思いましたので、捕捉をさせてください(現時点ではコメントの編集ができない仕様なのですね)。

現在まで、物理は「はじめからていねいに」→「漆原の物理1 センター攻略」、英語は「英文法がはじめからわかる本」→「新・英文法で大切なこと」という学習をしているところです。

やりかけた参考書は仕上げた上で、そこから大学受験の教科書の王道コースにシフトしたいのですが、この英語の学習は英文法入門段階に相当するものでしょうか?

「キムタツのセンター試験英語 合格の法則」の対象タイプの3)がまさに自分に該当するものだったので、これを使用して現状確認をすることも考えているのですが、「超基礎がため」や「英文法・語法」にも取り組むのがベストなのでしょうか。

奨学金の利用等の事情により、二次が純粋な学科試験でない高知大学に志望を変更する可能性が高くなりました。
そのため英語の基礎にかけられる時間は多くなるのですが、その分はむしろ苦手な理系科目に充てるべきではないかと思い、迷っています。
2010.05.03 Mon l barefoot. URL l 編集
為近先生の著書ですが
為近先生の著書「解法の発想とルール」という本はエッセンスと同レベルでしかも非常にわかりやすい世評が高いのですが、どうなのでしょうか?
それにしても為近先生は授業も熱心なファンが多いですし本当に名講師ですね。
2014.02.20 Thu l say yes. URL l 編集
漆原の物理が面白いほどわかる本は独学向きと聞いていて、分かりやすいものかと思ったらそうでもないんですね。
2015.02.21 Sat l 名前を付けてください. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hikyakusyoten.blog70.fc2.com/tb.php/190-3cef7793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。