上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 *** はじめに ***

 高1・2年生の内に「授業を聞いていてもさっぱり理解できない。」「テストは赤点スレスレ」というような状況から抜け出て、何より学校を楽しむ!ことが第一目標です。
 理解できない授業を受けていて楽しいわけがありませんし、そこから抜け出たいという欲求は、普通どこかに隠れているものです。しかし、やはりそうした学力が伴わない時には、適した勉強が何かを決定するのは難しいはずです。そこで、学習を完全に手順化したものがこの「どん底からの脱出!」になります。

 また、国立大への扉を開く方法論でもあります。2つのステップからなる、単純なセットプランですが、その効果はかなり高い。
 高1・2年生で、進研ゼミ偏差値60以下 または 河合・駿台・代々木模試偏差値53以下 の人
 あるいは
 受験生だけれど、偏差値40台から抜け出ることができないでいる人
 であっても、
 受験年度の8月末までにここを攻略すれば、
 河合ボーダー偏差値 50台前半の国立大学
 河合ボーダー偏差値 50台後半の私立大学
 が手に届く可能性が高いのです。まして、受験年以前に攻略したのなら、難関大学への道も見えてきます。


★ 学習の仕方 ★
 単語は「大学受験の教科書」に従って覚えますが、他のものは単純に、
1.ノートに解き(あるいは書いて理解・覚え)
2.ネット塾の授業(あるいは学校の先生のヘルプ)で理解を補い
3.分野ごとに3回繰り返し解き、その後、2回全体を見直す。
 
 という単純な方法を取ります。実行こそが合格に繋がります。必ず、分野ごとに復習しましょう。


★ セカンドステップまでにかかる時間 ★
 個人差が大きいのですが、平均的な高校生(進研模試で偏差値53程度)なら4ヶ月程度だと考えます。小学校・中学校がどれくらい本当に身についていたかによります。平均的に考えると、4~5ヶ月程度で攻略する人が多いと予測します。
 なお、サードステップはその後への指針ですから、この期間には含まれていません。


★ 分からんところはここに聞け! ★




 e点ネット塾という、配信講座です。「中学・高校セット」または「フルコース」を利用します。 (金銭的な目安は<10ヶ月の使用の4~5万円>。驚異的な安さで全科目の基本を学べます。なお、ネット塾のテキストは購入しなくても十分です)

 その使い方の注意は、メインにしないことです。時間に余裕があればメインにしても構わないのですが、やはり市販の教材をメインにした自習を前提とした学習が効率的です。適度なレベルの教材で自習しながらであれば、e点ネット塾の効果は計り知れません。

 いや、もっと正確に言うべきかもしれません。こうしたレベルにいる人の独学の効率の悪さが問題なのです。授業で理解できなかったことを、自習でなら突然理解できるようになる――こんな風に考えるのは、少々甘いと思いませんか?

 メインの教材を学習しながら、理解を補うためにe点ネット塾の授業を聞く。そして、理解不足だったところを復習する――そんなサイクルを作り出せば、学力が向上するのはある意味当然です。

 なお、インターネット学習塾 BB塾などの他社は非常に割高です。


 ***  攻略すべき、2つのステップ  ***

■ファースト・ステップ 論理力を手に入れろ!

 論理力には2つの太い柱があります。

 ひとつは言語的思考力。もう1つは数的推測力。

 これら2つの力が相補的に組み合わさり、論理力は形成されます。

 受験レベルの言語的思考力とは、「読解力」が8割程度、残り2割が「表現力」だと考えています。

 数的推測力は、物事の因果関係を明確に捉える力のことです。

 僕はこれら2つの力を 文章処理能力 ・ 数式処理能力 として、受験レベルで必要とされるものに限定し、それを鍛える方法を紹介しています。その方法は単純。小学校段階から中学校段階までの国語と算数・数学を 優れた問題集を用いて 鍛えなおすのです。

 しかし、これら2つの能力を鍛えなおすのと鍛えなおさないのでは、英語の学習や理科の学習の効率すら大きく変わってくるのです。考えてみれば当然でしょう。

 紹介されている概念を噛み砕いて理解するには 文章を処理する力 が必要ですし、
 物事の繋がりを論理立てて理解するには 因果関係を整理する力(数的な力) が必要だからです。

 フランスにおける教育を引き合いに出して、数的な力が論理力にどれほど重要か、たとえ文系でも最低限やる必要があること(少なくとも格段に効率が上がること)を紹介に出してもいいのですが、これ以上はくどいでしょう。もう、その重要性を理解できたと思いますから、実際の手法へと話を移します。

・文章処理能力 
1)出口汪の新日本語トレーニング (小学館) の 1~4 を、1冊ずつ、スピード感を持って攻略します。1冊にかけていい時間は、7日。7の間に3回繰り返し、100%正解でき、100%解説できるようになりましょう。

2)中学国語の総復習 基礎力レベルアップ! をやります。文法はベストアプローチ国文法を参考書に使って、全体をなんとなく掴みましょう。(国文法マスターは3)をやりながらで良い)

3)中学国語出口のシステム読解(水王舎) を、100%身につけます。期限は4週間。

・セクション1を解きます。そして、解説を徹底的に読み、1つも未理解を残しません。もしセクション1で3問以上間違えたら、小学校段階に戻るべきです。そのほうがトータルとして早いでしょう。

・セクション2をセクション1の内容を意識しながら解きます。やはり同様に徹底的に繰り返しましょう。この復習をしている時期に、ネット塾の読解系の中学生向け講座を受講しましょう。必ずしも全てを受ける必要はありません。講師が話すことを注意深く聞き、中学国語出口のシステム読解 にどのように関連しているかを意識しましょう。


・セクション3:問題を解いたとしても、すぐに答を見てはいけません。本文を繰り返し読み、確実に全問正解と言えるまで考え抜きます。自信を持って全問正解となってから、採点します。ここで85%以上であれば合格です。

・ここまでのことができていれば、高1・2進研模試で偏差値60は切りません。何より、文章を理解する力が飛躍的に上昇しているはずです。


3) 上の1)2)に並行して、漢検分野別対策問題集3級用 でトレーニングを積みます。
1日10分を3回。基本的に全て漢字を書いて学習します。マス目ノートを使用して、丁寧に書くようにしましょう。

1)2)が終わった後でも、セカンドステップに入った後でも、身につくまでトレーニングは継続してください。





・数式処理能力

1)最強の算数力 小学4年以上  小学5年以上 小学6年以上 を学習します。
 1冊の期限は2週間。理解しにくいところはネット塾の講義を聞きましょう。

2)語りかける中学数学 を学習します。1つの項を学習したら、ネット塾の講義を聞く。これが基本スタイルになります。

4)仕上げとして 
中学1年数学の復習 中学2年数学の復習 中学3年数学の復習(教学研究社)
 を解きます。ここまでのことが身についていれば、15時間もかからずに終えることができ、計算能力も向上します。もし速度的な不安があるなら、これまでの教材を一気に解きなおしてください。

 






■セカンド・ステップ 中学校の英語の攻略 高校現代文・数学の初歩の習得
 英語は中学校の復習、現代文と数学は、高校で中枢をなす重要な段階の攻略を目指します。
 3科目を毎日やり、目安となる期間は2-3ヶ月。


・英語
1)文法理解と単語の習得。
これでわかる英文法―中学1~3年 を繰り返し利用します。解説部分を読んで理解したら問題を解きます。これを弱点がなくなるまで続けます。これでわかる英文法―中学1~3年だけでもわかりやすいのですが、わかりにくいところはネット塾で調べましょう。

単語帳は バリュー1400英単語  を選びます。CDを真似て発音しながら書いて覚えましょう。



2)中学英語の仕上げ
 単語帳を引き続き学習し、イラストで解く中学英語総復習 で文法に理解を導入します。イラストに描かれていることを確認していけば、不確かだったところを修正できるはずです。誰かに説明してみましょう。
 それと並行し、英会話・ぜったい・音読 標準を身につけます。本に書かれている通りに使用して、暗誦できるまで繰り返しましょう。
 ここまで来れば、不安なく高校の英語へと進めます。
 



・現代文
 システム現代文 ベーシック編―出口の 大学入試 を学習します。問題を解いたとしても、すぐに答を見てはいけません。本文を繰り返し読み、確実に全問正解と言えるまで考え抜きます。特に、知らない言葉を辞書で積極的に調べ、必要な概念を入手しましょう。これを3週間で集中的に行います。期間を伸ばしてしまうと、効果が極端に低下します。自信を持って全問正解となってから、採点します。正解・不正解に関わらず、全ての解説を熟読しましょう。

 続いて、2週間集中完成 現代文 初級・中級 を同様の方法で学習します。1日1題を1ヶ月続けます。仕上げに 読解現代文問題集  を解き、解説を熟読します。読解現代文問題集の解説と同様の分析を システム現代文 ベーシック編 2週間集中完成 現代文 初級・中級 で行いましょう。

 ここまで学習できれば、下地としての読解力が手に入ることはもちろん、 目標レベルの大学の入試にも対応できます。



・数学
 ネット塾 これでわかる数学1A センター力アップ!はじめからわかる数学1A のA問題 を使用します。期限は1章あたり10日間。2ヶ月を目安に終えたいところです。


1日目)まず、これでわかる数学1A の1章分の解説や問題・解答に目を通します。理解できないことが多くあると思いますが、30分程度で1章の全体を大まかに捉えてください。章と節のタイトル、基本的な公式の名前などを覚えれば十分です。

 その次に、ネット塾でその章の講座(数学1A または数学1A基礎演習)を受けます。これでわかる数学1Aの1章を3つに分割して 講座を受けてください。原則として、1度で理解するつもりで集中して授業に臨みます。もし十分な理解ができなかったとしても、これでわかる数学1Aに戻り、例題を学習します。

 中学数学に不安が無いので、60-70%の問題は理解できるでしょう。理解できた問題は類題で解く訓練を積みましょう。

2日目)センター力アップ!はじめからわかる数学1A の前日の範囲のところを熟読し、問題と解きます。その後で、ここに書かれていたことを守りながら、1日目の復習を行います。

3・5日目)1日目と同じ方法で これでわかる数学1Aのその章の残りを進めます。

4・6日目)2日目と同じ方法で、センター力アップ!はじめからわかる数学1Aのその章の残りを進めます。

 ひとつの章が一通り終わったら、もう1度これでわかる数学1Aの例題を解きます。残った弱点のところは、ネット塾の講義を聞きましょう。後はこれを繰り返します。

 仕上げに、センター試験傾向と対策数学1・A  の基本問題を解きます。60%以上正解できないのなら、これでわかる数学1A と センター力アップ!はじめからわかる数学1A の復習不足です。そちらを復習してから再挑戦しましょう。まずは基本問題だけを徹底的に繰り返しましょう。

 ここまでで、平均点を超える実力は十分身につきます。中学時代に数学が得意だった人なら、80%を超えても不思議ではありません。マーク模試で65%を超えるようになったなら、この段階は卒業です。








■サードステップ 実行できる、単純な効果的学習の継続

 勉強が不得意な人は、勉強を複雑に捉える傾向があります。勉強とは、単純な技術の積み重ねです。簡単に能力を伸ばす方法は無いけれど、理解できないような複雑な学習方法は必要ないのです。

 たとえば数学2Bであれば、セカンドステップと同じことを行えば、同水準まで成績は伸びます。求められる期間は少し長いかもしれませんが、5ヶ月もあれば十分終えることができるはずです。




 たとえば英語であれば、「入門段階」とされていることを淡々とこなすだけです。中学レベルの学力を安定させておけば、自習しやすい教材を使っていけば、挫折することなく前に進めるはずです。





 現代文はセカンドステップにも書いたように、偏差値55までの大学なら十分に対応できます。


 そして。 一番大事なのは、他の科目にも同じように単純な学習で伸ばすことができるということです。

 まず、本で1章の全体を掴み、ネット塾で講義を受け、メインとなる本の簡単な問題を身につけ、必要があれば解説の詳しい本で補う。特に重要なのはマメに復習すること。今まで何もやってこなかったような科目は、1週間に3-4回は復習すること。

 これだけのことをやれていれば、伸びないはずが無い。レベルが上がってくれば、また違う形の効率が見えてくると思います。そのときには、自分の学習スタイルを発展させていけばいいのです。

 ファーストステップ、セカンドステップを一気に突き進めた人なら、これからの勉強も十分対応できるはず。

 がんばってください!
スポンサーサイト


カテゴリー一覧に戻る  

2014.08.18 Mon l 基礎処理能力強化 l コメント (23) トラックバック (0) l top

コメント

すいません。一問一答学習で躓く・・って記事に当たるのかな?と思ったので、質問させて下さい。

自分で対処法が全く分らなかったですorz

これで分る1aはガンガン進むんですけど、進み方が1-2回間違えたら問題を記憶してしまうんですよ。

なので、3回目から例題が4-5回連続で出来てしまって、これ大丈夫?理解してんの?って不安になってしまって数学を1か月程放置してしまいました。。。

その間初めからやったりしたんですけど、問題は解けて説明できてないですorz

これの対処法は解りますか。。?また対処するとしたらどんな参考書やれば良いんでしょうか。。?
2008.08.03 Sun l 一問ちゃんorz. URL l 編集
>一問ちゃんortさん
参考書を使って解消されるものというより、学習時に「なぜ」を意識しているかどうかの差ではないかと思います。

数1はただの処理を扱う分野ですから、つまづくことはほとんどありません。公式に代入する程度の問題だと、説明の使用がありませんからね。ただ、その公式をいつ使うのか、なぜ使うのかの説明が必要となるような問題(二次関数の応用問題、三角比の図形への応用問題)については、しっかりと理解しておきたいですね。いい加減に公式の記憶に頼っていると、数2Bに入った時に入門レベルの数学すら理解できなくなってしまうのですね。

・センター力アップ はじめからわかる数学(学研) を手がかりにメイン本を復習(例題・類題)する。

のが現状でのベストの選択肢ではないでしょうか。

あと、1ヶ月放置する理由がありません。メインとなる科目を勉強しないなんて、あまりにも無謀すぎます。
2008.08.09 Sat l nimsel. URL l 編集
ああ~。説明がすっきり理解できました。
確かに説明しようが無かったです。
しかも詰った問題がその通りでしたorz

>あと、1ヶ月放置する理由がありません。メインとなる科目を勉強しないなんて、あまりにも無謀すぎます。

とっても耳に痛いですが、しっかり受止めますorz
一ヶ月間色んな本を探してたんですよ~う(涙)

本当にありがとうございます。早速買って来たいと思います。
2008.08.09 Sat l 一問. URL l 編集
現代文について
はじめまして、文章処理ができない地元国立理系志望高3です。

セカンドステップに、

「仕上げに 読解現代文問題集  を解き、解説を熟読、同様の分析を システム現代文 ベーシック編 2週間集中完成 現代文 初級・中級 で行いましょう。」

とありますが、これは、システム現代文と2週間集中の2冊をやった後に読解現代文問題集をやり、再びシステム現代文、2週間集中の2冊をやるという意味でよいのでしょうか?
また、もしそうだと仮定すると、読解現代文問題集に取り組む前にやるシステム現代文、2週間集中の2冊は、1回やるだけにし、読解現代文問題集をやった後に、身につくまで繰り返すと解釈してもよいのでしょうか?
2008.08.11 Mon l My Japanese is broken. URL l 編集
三つ質問させて下さい。

まず数式処理能力について質問です。
「最強の算数力」の文章問題で連立方程式を使えば解けるもの、「中学数学 方程式と関数」の数列では数Bの公式を使えば解けるもの、といった問題があります。
それらに関しては中学高校の内容を使わずに、その時に書かれている解答を使って解けるようにしなければならないのでしょうか?
高校内容の理解度をあげる事が目的ですので、わざわざ小学校のやり方でやらなくてもいいと思っていたのですが、「論理力をつける」といった目的の為には書かれている解答で解くことに意味があるのかと疑問に思いました。

次に確率に関してですが、中学の二冊には掲載されていません。ネット塾のみの使用でいいのでしょうか?

最後に絶対音読入門は二冊使用するのですか?

あと質問ではないのですが、日本語トレーニングを改めて復習しなおし、出てきた助詞、助動詞をネット塾で意味だけを確認しながら進めたところ理解度が飛躍的に上がりました。
今まで考えもしなかった日本語文法、そしてきちんとSVに着目することで、文章の要点も素早くとらえながら読むことができるようになりました。神経質に何回も繰り返した本ですが、一度先に進めてまた改めて復習しなおすと全く違った視点から理解できたので驚いています。

話は逸れましたが、解答よろしくお願いします。
2008.08.11 Mon l hagi. URL l 編集
>My Japanese is broken さん
分かりにくい表現だったと思いましたので、修正しておきました。

読解現代文問題集の解説を読むことで初めて気づけることも多く、その後にも復習を行った方がいいという意味です。

ただ、読解現代文問題集 を身につけるためには <システム現代文ベーシック をまず「システム現代文ベーシック」のレベルで仕上げ>、2週間集中(初級・中級)の2冊で訓練をする必要があるのです。ただ、素材としては 読解現代文問題集 の訓練としては使えるということですね。

理解していただけたでしょうか? まだ曖昧な点がありましたら、追加しておきます。
2008.08.12 Tue l nimsel. URL l 編集
>hagiさん
この生徒のレベルを指導するとき、確率は 僕が解説してから高校の教材 の流れだったので、確かに抜けているかもしれません。ネット塾で対応できる部分は大きいと思いますが、適切な本を選んで追加しておきます。

上のレベルを使えば楽に解ける問題であれば、基本的には使えばいいです。しかし、アイデアもの(数列など)の部分は、1度は中学の方法で解いてみてください。発想トレーニングになります。

読解力の基本はもう少しですね。意識しなくてもSVが分かっている状態に入れば、高校国語は早いです。
2008.08.12 Tue l nimsel. URL l 編集
ご回答ありがとうごうございます。
読解現代文問題集の前にやるシステムベーシック、2週間集中の目的が分かりました。まず、読解現代文問題集をやる前に、システムベーシック、2週間集中の計3冊の内容を身に付けたいと思います。
前回、言い忘れてしまったのですが、私も「大学受験の教科書」を参考に勉強し成績を上げることに成功しました。かつての私は、数学は暗記、英語はいくつかの参考書を適当にやっているだけで、成績もよくありませんでした。しかし、このサイトと本を参考にし始めてからは、数学と英語の成績が急上昇しました。学校でマーク模試の過去問を解いたときに、勉強の成果を感じたのですが、頭の使い方というか、問題を解く姿勢というかががらりと変わったことに驚きました。結果は、河合の第1回マーク模試と比べ、大きく変わりました。
数1A : 70→90
数2B : 55→80
英語 : 90→135
現代文は、受験勉強を始めたころ、センスと割り切ってやっていなかったため、夏休みを利用してがんばりたいと思います。
このサイトと本に出会わなければ、間違いなく悪い方向に向かっていたと思います。nimselさん、本当にありがとうございます。
2008.08.15 Fri l My Japanese is broken. URL l 編集
>My Japanese is broken さん
 少しでも役立てて嬉しいです。反復を厭わず、安定した実力を身につけてくださいね。がんばってください。
2008.08.20 Wed l nimsel. URL l 編集
初めまして、以前からこのサイトは拝見させて頂いてたのですがなかなかコメントする勇気がなくて今に至ってしまいました。

何故コメントしずらかったかと言うと…浪人生だからです。しかし、学力は現役生より同等かそれ以下で英語に至っては前回のマーク模試で100点程しか取れず、数学や他の教科も半分をちょっと超すかで知識も曖昧。明らかに基礎力が自分でも不足してると実感してます。
浪人だけの偏差値は40前後と最低ランクです。

一応予備校に通ってるのですが、ついていけなかったり
する事も多々あり自分でここの基礎の参考書をやろうかと思ってるのですが、具体的には何をすれば良いのでしょうか?小学生の計算も怪しいならばやはり今からでもやりなおすべきでしょうか。それともやはりテキストがあるから、多少無理でも覚えるなりしてテキストだけをやれば良いのでしょうか。
2008.09.12 Fri l nobio. URL l 編集
僕は去年の今頃、このページを利用しました。僕が使ったときよりも改良されているようですが(爆
人にもよる思いますが、このファーストステップとされているところを、僕は夏休みの前半で終えました。進学校に通っているからこそかもしれませんが、何ヶ月もかからないと思います。
セカンドステップ・サードステップは半年かかりましたが、2008年のセンターを本番と同じ日に解いたときには、英語は160点、数学は170点、現代文は87点でした。
2008.09.13 Sat l 京大志望の読者です。. URL l 編集
>nobioさん

的確なアドバイスが欲しいのであれば
もう少し自分についての情報を提示するのが
最低限のマナーなのではないでしょうか?

現在の志望大学
理系なのか文系なのか
最近受けた模試の各教科の得点と偏差値
予備校に通っているのであれば、受けている講座


「nimselさんがこのコメントを読んだら的確にアドバイスできるだろうか」
という事を考えてみてはどうでしょう?
ただ、どの教科もチェックテストで
このページであれば、はじめにを読めば
なにをすれば良いかは見えてくるのではないでしょうか?


本番まで時間がなくては焦るのはわかりますが
そんな時こそ自分が今いる位置を見極め
背伸びすることなく淡々と学習する姿勢が
必要なのだと思いますよ。

差し出がましいことを長々と失礼しました。
2008.09.13 Sat l kuro. URL l 編集
>kuroさん
いや、僕の認識が甘すぎました。
成績を載せます。

第2回全統マーク模試
英 104
リ 32
ⅠA 54
ⅡB 65
現文 34
古典 29
漢文 27
化学 49
生物 53

合計 466/900

次が河合の5月の記述模試です。

英語 57/200 偏差値 44 
数学 57/200 偏差値 47
化学 48/100 偏差値 51
生物 44/100 偏差値 54

です。

予備校は国公立の医学部に行きたいと思い、
河合塾のハイレベル医進という所に入りました。
教科書は基本的に同じと聞いたからです。

しかし、地に足が着かない状態でなんとなく
テキストを解いてを繰り返してしまって、
ここまで来てしまいました。

正直どうしていいか分からないです。
予備校のテキストが負担とは言っても
親に頼んで行かせてもらってるので、
授業を出ないという訳にも行きません。

何か良い方法はありませんでしょうか?

志望校は医学部コースにいますが、
国公立を希望してます。
2008.09.13 Sat l nobio. URL l 編集
>京大志望の読者です。さん
レスありがとうございます。その報告に元気付けられました。

>kuroさん
非常に的確なアドバイスをありがとうございます。

>nobioさん
魔法のような方法論は存在しない。まずそのことを確認してください。

第1回河合記述の成績とのことですが、自分の受験対策をしていない場合、第2回はさらに3-5ポイント程度低下すると思われます。

どの科目も明らかに入門からですが。。

まずはチューター(学生チューターではなく)に相談してください。その成績から逆転した生徒が過去にいたかどうか。
どのような事実であるにせよ、「それを受け止めた」と仮定した上でのアドバイスです。まずはベーシック編を終えることを目指してください。
2008.09.15 Mon l nimsel. URL l 編集
nimseさんこんにちは、このサイトを参考にさせていただいている者です。
今ファースト・ステップを終わらせてセカンド・スッテプの英語をやっているのですが質問があります。
英会話・ぜったい・音読 【標準編】
英会話・ぜったい・音読 【続・標準編】
と二つありますが
これはどちらか一方を集中して繰り返せばいいのでしょうか?
両方ともやったほうがいいのでしょうか?
お忙しいと思いますが回答のほどよろしくお願いいたします。
2008.11.04 Tue l 再受験を考えるフリーター. URL l 編集
基本的には1冊ですが、中学時代にあまりに英語を学習していなかった場合には2冊必要となることもあります。
2008.11.16 Sun l nimsel. URL l 編集
英語についてなんですが、これを見る前にALL IN ONEのRE STARTというものをを買っていまして、これを代用したいのですがどうでしょうか?
ちなみに、中学英語は英単語以外ほとんどできます。
急がしところ質問してすみませんが、返答よろしくお願いします。
2008.11.21 Fri l 高2. URL l 編集
↑の付け加えなんですが、英語の実力は英検準2級一次試験合格程度です。
それと英語の新研究(書き込んでますが(汗))もあるので、RE STRATが駄目なら代わりに代用したいです。
2008.11.21 Fri l 高2. URL l 編集
家庭教師をしている者ですが
指導していて思うのですが、高校生はnimaselさんが考えるよりもさらに深刻な学力低下にひたっているとおもいます。

アーバン出版局という会社から出ている、中学受験向け:高校受験向けの語彙集もやるべきではないでしょうか?

あと、これも高校受験向き参考書ですが、文英堂から出ている合格へのベストアプローチというシリーズは良いと思います。
2009.02.05 Thu l かてき. URL l 編集
Re: 家庭教師をしている者ですが
語彙集の変わりに、漢字検定用の教材を使います。それも難しいということであればさらに戻るしかないのですが、そうした人が大学受験を目指すこと、あるいは方法論を求めるとはどうも思えないのです。だから、他の受験生が誤解しそうな教材は紹介しません。

合格へのベストアプローチ はもちろん把握しています。かつてはその現代文を推薦しているときもありましたが、学力低下が進行するにつれ、「将来の伸び悩みを作る危険な本」になってしまいました。使い手の問題なのですけれども。
2009.03.14 Sat l nimsel. URL l 編集
No title
nimselさんこんばんは。現在同志社大学に在籍している2回生です。ブラウザのブックマークを整理していたらここのアドレスが出てきたので、懐かしいなあとおもいつつ拝見していました。

それでこの記事を見返していて、一つ気になることがあったので質問させていただきます。論理力は二つの柱によって支えられているという点です。

最近自分が論理力と読解力が無いのを痛感したので、今年のGWから自分の好きな本を40冊程乱読しています。野矢茂樹さんの論理トレーニング101題等も解きました(復習せず)。おかげで今では文章を読むのに嫌悪感を全く示さなくなりました。

そして数式処理能力が論理力に重要という点に非常に興味を持ちました。(どん底から~を参考にしていたのですが、2つの柱は忘れていたのかもしれません)
論理力(ひいては効率)を向上できるのであれば数式処理能力を公認会計士(CPA)の勉強の合間に鍛えたいと考えています。

自分の処理能力に関して書きますと、各処理能力を2年前にやっていました。元々国立志望でしたが夏から私大文系に絞ったので数学はそれ以降全く触れておらず、高校数学は基礎問題を解くのが楽しいと感じたことは何度かありますが、依然アレルギー持ちです。高校数学もここを参考にして全くの独学でした。
現在文章処理は大丈夫になったけど、数式処理は・・・というのが自分の率直な感想です。

その上、「受験レベルで必要とされるものに限定し、それを鍛える方法を紹介しています。」とあるので、CPA志望の大学生がやってもいいのか、中学数学なんてCPAに結びつくのだろうか(CPAの志望だからこそむしろ絶対やるべきなのか)、と少々不安です。

なので大学生にもなってこのような事を聞くのは情けないのですが、私が効率の観点からこの記事のように進めてもよいのでしょうか?そして基礎処理を終えた時の事を含めて、仮にこの記事にある参考書以外に何か代替品はありますか?

よろしくお願いします。
2010.08.08 Sun l ulysse. URL l 編集
No title
いつもブログを見るのを楽しみにしています。これからも楽しく読ませて頂きますね!
2011.01.23 Sun l 板橋区@大山のヘアサロン. URL l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017.03.11 Sat l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hikyakusyoten.blog70.fc2.com/tb.php/143-f5381131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。