上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
*** オススメ特集 ***

■ 入門~初級
早わかり化学Ⅰ―二見太郎の超基礎理科塾
早わかり化学Ⅱ―二見太郎の超基礎理科塾
★★★★★
◎ 現象理解に特化した良書!
 授業のフォローにも、独学で始める人にも 最適 です。範囲全体をフォローしています。
 一方で、分厚い。そして、他の本で問題演習を加えないと、まるっきり無意味です。らくらくマスターやセミナー化学と組み合わせて使いましょう。 「はじめから」と「岡島のイメージ」の必要部分を抽出した本です。

らくらくマスター化学1・2  生田泰朗/共著 宮原正樹/共著、河合出版
★★★★
☆ 入門から初級レベル攻略
◎ 入門から学習する人は、まずはこれを全問正解できるようにしましょう。これに続いて『センター試験実戦問題集化学1(旺文社)』を繰り返し学習すれば、センター80点の確保、上手くいけば90点越えを目指せます。

チョイス新標準問題集化学I・II 著者: 下田 文雄
★★★★
☆ 典型問題を中心に収録
◎ 『早わかり化学』の読み込みと図説をしながら、完璧に身につけましょう。『らくらくマスター』を完璧にしていれば、70%以上の問題はすらすら解けます。残る30%ほどを解けるようにすれば、河合の模試だと偏差値70越えも珍しくありません。化学の得意不得意を分けるのは実はこのレベルまでです。




*** 比較 ***

1.岡野の化学をはじめからていねいに 大学受験化学 理論化学編
2.岡野の化学をはじめからていねいに 大学受験化学 無機・有機化学編 岡野雅司/著、ナガセ
★★★
☆ 授業で一通り習ったけれど…
◎ 学校で全体を習ったものの、センターで平均点に達しない人がフォローで使うのに向いています。
◎ 現象の説明と、問題量がこの段階として非常に適切です。
◎ これとらくらくマスターを終了させたら、すぐにセンター対策に入りましょう。
◎ 「はじめwithらくらく」⇒「マーク基礎」で、80点には乗ります。

3.岡島のイメージでおぼえる入試化学I・II―代々木ゼミ方式
★★★
☆ 一定以上の学力をもつ人が、イメージの確認と基本的な解法を確認するのに有効。問題レベルに統一感がないのが難点ですが、らくらくマスターの知識を入試問題に適用したり、重要な基礎イメージの不足を防ぐのに有効だと考えます。
◎ 「らくらくマスター」や「セミナー化学」、「リードα」などと併用すると効果が高いはずです。

化学1・2基礎問題精講 鎌田真彰/共著 橋爪健作/共著、旺文社
★★★★
☆ 方針問題集兼参考書
◎ 初級中心 
◎ 改訂により、使用感が良くなりました。
◎ 初級の確認を行うための問題集です。

解説が詳しい化学1・2頻出重要問題集 庄司憲仁/著、旺文社
★★★
☆ 総合問題集
◎ 典型問題中心 
◎ 初歩的な知識を身につけた後で、実際の入試問題を覚えるための本。チョイスの方が使いやすい。

 

 初級の分野強化に。

1.鎌田の理論化学計算問題の解法 合格点への最短距離 鎌田真彰/著、旺文社
★★★★
☆ 問題数を絞った短期決戦型参考書
◎ 夏休みや冬休みなどを利用して、短期間に化学の計算能力を引き上げたい初級段階の人向け。
◎ 必ずメインとなる問題集で効果を確認しましょう。

2.鎌田の有機化学有機頻出問題の解法 合格点への最短距離 鎌田真彰/著、旺文社
★★★★
問題数を絞った短期決戦型参考書
◎ 夏休みや冬休みなどを利用して、短期間に有機化学を引き上げたい初級段階の人向け。
◎ 必ず過去問題で効果を確認しましょう。。


スポンサーサイト


カテゴリー一覧に戻る  

2008.11.10 Mon l 化学 l コメント (36) トラックバック (1) l top

コメント

坂田アキラ先生が化学2の本を出しています。
発売から1ヶ月半が経ちましたが認知度は低いのかも知れません。
2008.07.14 Mon l st. URL l 編集
こんにちは。
 参考にさせてもらっています。
 初級が、教室・教科書・書店どれも違っています。恐らくは基礎問題精講か頻出重要問題集の選択の問題なんでしょうが…特に教科書は頻出重要問題集が初級以降の志望大学別のAに書かれていたのでそこが分からないです。どうすれば良いでしょうか。ちなみに東工大志望です。
2008.08.15 Fri l Katakura. URL l 編集
「オススメのまとめ」が最新なのですが、更新時に旧部分を修正していなかったので、上のように直しておきました。

 化学1・2基礎問題精講 を省略するかどうかが難しいところですが、 チョイス新標準問題集化学I・II をやってみて無理なく学習できるのであれば、そちらから入って構いません。

 チョイスを仕上げた後に過去問題で対策をすれば合格点は超えます。ただし、東工大の化学は難しいので、稼ぐところまでは行きません。必要があると思う場合にのみ補強してくださいね。
2008.08.15 Fri l nimsel. URL l 編集
素早い返信ありがとうございます。
 自分は、化学が苦手で夏休みずっと勉強していたので、上の書評のようにチョイスをやって様子を見て、重要問題集へ入ろうと思います。
 また、コメントの「そちら」とは書評から見ると、重要問題集のことでいいんですよね?
2008.08.15 Fri l Katakura. URL l 編集
「化学1・2基礎問題精講 を省略するかどうかが難しいところですが、 チョイス新標準問題集化学I・II をやってみて無理なく学習できるのであれば、そちらから入って構いません。 」

と言われてることから、チョイスやってみて無理がないなら、初級の確認を行うための問題集である化学1・2基礎問題精講を省略してしまって、そのままチョイスを進めて良いということでは?

その後は
「チョイスを仕上げた後に過去問題で対策をすれば合格点は超えます。」
とあることから
過去問題&補強ということではないでしょうか?
2008.08.19 Tue l shintoki. URL l 編集
>Katakuraさん
 shintokiさんがコメントしてくれている通りです。
 まずはチョイスと過去問対策で合格平均付近が取れるようになります。ただ、出題が難しいため、高得点は狙いにくいです。がんばってください。


>shintokiさん
 正確なレスポンスをありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
2008.08.20 Wed l nimsel. URL l 編集
shintokiさん、nimselさん、的確なアドヴァイスありがとうございました。まずはチョイスをしっかりやりたいと思います。
2008.08.20 Wed l Katakura. URL l 編集
セミナー化学について
私立医学部を目指しているLinaと申します。
今までセミナー化学を4回ほどこなしていますが、
模試では全統記述模試でもマーク模試でも平均点しかとれません。
そこで、らくらくを購入し、今から行おうと思っています。
そこで質問なのですが、らくらくを行った後に、セミナー化学に戻るのはレベルとして低いでしょうか。
全てのコメントを拝見してからの書き込みですが、見落としがあったらすみません。
よろしくお願いいたします。
2008.11.01 Sat l Lina. URL l 編集
化学だけが問題ではないかもしれません。
たとえばマーク模試の現代文で60点を切ることはありませんか? まして50点を切ることは…
参考書を使いながら学習していれば、マークは80点、記述は偏差値58には届きます。

考えられることとしては
1)参考書を使わずに一問一答的学習をしていた
2)読解力・理解力が不足している
のどちらかであると思います。教室のベーシック編を参考にしてください。
2008.11.01 Sat l nimsel. URL l 編集
センター
こんばんは、いつもお世話になっています。
マムです。
先月、体調を崩し、一時期病院通いが続いたこともあってか一ヶ月近く思うように勉強できませんでした。
直後に受けた模試でもあまり手応え無くマーク模試の
自己採点でもさんざんな結果でした。
センターまであと70日と差し迫っているためにすごく焦りが出てきています。
チューターに相談したところ志望校のセンター配点が高いのでセンター対策を行うことを勧められました。
さらに志望校とのギャップが非常に大きいのでセンターに集中したいのですが、センターの数学に
集中してしまうと二次数学が不安です。
(9月の記述ではC判定)
現在使っている自習教材は

英語:マイベスト英文法(三週目)
   やっておきたい300
   基本はここだ(例題英文を書く程度)
   DSのセンター照準シリーズ(リスニングと単語)


数学:きめるセンター数学ⅠAⅡB
   シグマトライ

化学:らくらくマスター
   マーク基礎(はじめたばかり)
   チョイス(はじめたばかり)

物理:津村一郎のセンターこれだけ!物理Ⅰ
   (新装版ではない)60点くらい

国語:現古漢
   もらった進研教材(高一~高二)の入試対策
   漢文(マーク基礎)はじめたばかり

地理:センター過去問


(自己分析)
夏にアドバイスを頂いたおかげで英語は170以上は
取れました。しかし、センター形式が不足しているので
その演習が必要だと考えています。
語句整序が苦手です。

数学はきめるセンター数学を買ったものの
実力としてはレベル60~100の間くらいで
平面図形、ベクトルの出来が悪いです。
レベル100を越えた問題だと苦戦します。
模試の時でもそうですが時間が足りないのです。
なので、兎に角センター形式に慣れることと、
時間内に解く事に集中したいと思います。
苦手分野はシグマトライで再強化します。
兎に角センター

化学:記述では59くらいでした。
   マークは特に心配していないのですが
   マーク基礎を行い安定化させたいと思います。

物理:今の教材を反復してから、今まで漫然とやっていた模試の復習をし、マーク基礎に入りたいと思います。

国語:進研ゼミが基礎から解説されていてわかりやすいのでスムーズに進んでいます。
5月の模試で140程度取れたのですが夏にほとんどやらなかったせいもあって下がってしまいました。
現代文はシステム現代文ベーシックを復習中です。
毎日学習しています。

地理:過去問を解いています。マーク基礎を追加した方が良いかなとも思っています。

(聞きたいこと)
センターに集中したいのですが数学の二次のことも
あるのでどのような配分にしたらよいか?
二次は予備校にまかせてよいのか?
決めるセンターの一部問題に学力が及んでないとおもうのですが、どう取り組んだらよいのか?

化学:らくらくのあとチョイスを追加して過去問と
考えていたのですが時間がないというもあるので
チョイスを止めて過去問に入った方がいいのではないかと思っています。
過去問を見ても岐薬、千葉(園)共に過去問を解いた方がいい気がします。
しかし理科大(薬)は有機が難しくらくらく+過去問ではきついと思ってしまいます。
なので有機系だけでも追加したいのでが手を広げすぎ
中途半端になってしまいそうです。

物理の参考書はきめる!センター物理とも迷ったのですが津村の方がやりやすく感じたので選択しています。
スムーズに進んでいるのですが、一問一答的な学習に偏ってないか心配です。
センター物理だけだと思って断続的にしか学習してこなかったので余り伸びなかったのだと思います。

正直言って昨年のセンターボーダーを見るに岐薬は厳しいと思っています。
ですが、センターでしっかり得点し二次へとつなげていきたいです。

是非アドバイスお願いいたします。
2008.11.07 Fri l マム. URL l 編集
No title
早わかり化学の「一節」というのは
「章ごと」のことでしょうか。
それとも「講ずつ」ということでしょうか?
2009.07.02 Thu l 明治維新. URL l 編集
No title
下世話な質問すいませんでした。
自己解決いたしました。
2009.07.08 Wed l 明治維新. URL l 編集
No title
化学を独学で始めた者です。非常に初歩的な質問で恐縮なのですが、化学は、解答作成の際、数学の様に、日本語の記述を試験でも必要分しなければならないのでしょうか、もしそうなら、例えば「らくらくマスター」をこなす場合等、どこまで解答を記憶すればよいのでしょうか。
2009.07.25 Sat l spark. URL l 編集
No title
「坂田アキラの 化学の解法が面白いほどわかる本 」シリーズのレビューをお願いしたいです。使ってみて、問題の解法部分の解説が手厚くて、本文も分かりやすく、らくらくマスターを使用する際、負担が軽くなると思ったのですが、どう思われますか?「早わかり」の代用品として使えるでしょうか?後↑の質問は、自己解決しました。
2009.09.04 Fri l spark. URL l 編集
Re: No title
今どれくらいの成績なのでしょうか?

坂田アキラの 化学の解法が面白いほどわかる本 は普通の受験生には不要です。その使い道については余裕があればレビューします。

早分かりとは方向性が全く異なります。
2009.09.05 Sat l nimsel. URL l 編集
Re: Re: No title
nimselさん
お忙しい所、ご返信ありがとうございました。
そうですか、代用できませんか。
坂田先生の本のレビューは結構です。nimselさんが良書だと思ってないなら、使わないと思うので。
ただ、一つだけ質問があります、高校を卒業してから、医学部を志して、化学は、e点ネット塾のみの環境なのですが、「早わかり」と「らくらく」をこなす際、つまずく部分があります。(今の所、有効数字について早分かりで扱っていなかったので、らくらくでつまずき、熱化学方程式の分野の概念の理解が不十分でらくらくが理解できません。)なので、より理解に役立つサブ本のようなものは、ありませんでしょうか?それとも、理解できないところは、とりあえず飛ばして(有効数字とかは、さすがにとばせないと思いますが)「理解しやすい」等の詳しい参考書をするときに解きなおすようにした方が良いでしょうか?
どうしても理解できない所は、短期講習などを利用して、予備校に聞くつもりですが、できるだけ、自分で進めれるところは、進めたいです。
2009.09.07 Mon l spark. URL l 編集
Re: Re: Re: No title
熱化学方程式の分野の概念の理解

一言で言えば、あの式は、「エネルギーの高さ が等しい」ということを意味します。

これを意識して、P47の右下、37の答えの図を書き写してください。

左のルートと右のルートは値的に同じと考えるのがヘスの法則。これから方程式を作ります。

他には、図説などに H2Oの生成熱 を示したものがあるので、それらにも目を通しておきましょう。
2009.09.08 Tue l nimsel. URL l 編集
No title
>sparkさん
有効数字については 鎌田の理論化学計算問題の解法 を立ち読みしておくと良いですよ。
2009.09.08 Tue l 一読者. URL l 編集
No title
nimselさん
詳しく教えて頂きありがとうございます。「早分かり」を基本的に進めていき、わからないときは、適時自分の判断で、とりあえず飛ばしていきたいと思います。
一読者さん
情報ありがとうございます。基本事項なのに、有効数字について、詳しく解説してある参考書が少ないのはどうしてなんでしょうかね、本屋で確認してみます。
2009.09.10 Thu l spark. URL l 編集
No title
大学受験の教科書に書かれている方法は
もうすでに過去のものとなったという事ですか?
2009.09.14 Mon l hiro. URL l 編集
No title
hiroさん
過去のものというか、最新版(改訂版?)ではないようです。
教室のハイレベル、ベーシック編が最新版のようです。しかし、nimselさんは本の通り学習してきた人は、そのまま継続するようにとおっしゃっていました。
2009.09.15 Tue l spark. URL l 編集
No title
センターのみで化学を使う人用に効率良い勉強法はないんですか?

あとどうしても物理をセンターでつかいたいのですがその場合どのように勉強したほうがいいですか?
はじていは力学以外ほとんどがⅡのために使いにくいです。物理Ⅰの点数が面白いほどとれるやきめる物理などがいいのですか?
2009.09.16 Wed l wash. URL l 編集
らくらく と セミナー
入門から初級レベルで
らくらくマスター化学を使うようですが、
セミナーと比べてみると
らくらくマスター化学は簡単な基本問題の数が少ないように見えるのですが。
たとえば化学の教科書の最初に載っている蒸留・再結晶・濾過・昇華などの知識を問うような問題がセミナーにはありますが、らくらくはレベルはあまり高くなくてもどちらかというと入試用に作られているという感じで、これだけだと基本が抜けてしまうと思います。
2009.12.27 Sun l デュドラ. URL l 編集
Re: らくらく と セミナー
らくらくマスターを勧めているというより、セミナー化学やリードαの代用という位置づけだと思いますよ。セミナー化学やリードαは市販のものに解説がついていませんから。

らくらくの問題がかけているからこそ、参考書を使っていたり、その後にマーク基礎・チョイスを使って強化するのだと思います。

わたしは理数系をここの方法論で助けられた(もう受験は終わっています)のですが、困った記憶がありません。
2009.12.30 Wed l 小鳥. URL l 編集
Re: らくらく と セミナー
てっきり らくらく or セミナー →チョイスとやっていくものとおもっていましたが、
らくらくを使用した場合はその間にマーク基礎を挟む必要があるということですね。

セミナー→チョイス
らくらく + マーク基礎 →チョイス
といった感じでしょうか
2010.01.02 Sat l デュドラ. URL l 編集
2つ質問です。(早分かりの代わり・セミナーの発展問題)
早分かり化学について
『 「はじめから」と「岡島のイメージ」の必要部分を抽出した本です。』
とありますが、「はじめからていねいに」をやる場合、「岡島のイメージ」も追加しないと
早分かりの代わりにはならないのでしょうか。

また、セミナーの発展問題とは
標準問題のことですか?
私の持っているセミナーはプロセス→基本問題→標準問題という構成になっています。
2010.01.15 Fri l デュドラ. URL l 編集
No title
質問です。

化学が全くわからないので、nimselさんの改訂版を買って一からはじめています。

そこで質問ですが、チョイス新標準問題集化学I・IIはトライアル化学ⅠⅡで代用できるでしょうか?

現在手元にトライアル化学ⅠⅡがあるので
これで代用になるようなら代用したいです。
2010.05.20 Thu l k. URL l 編集
化学・センター試験実践問題集は必須?
センター試験実戦問題集化学1(旺文社
はセンター試験を受けない人でもやっておくべきなのでしょうか?
2011.08.09 Tue l 錦. URL l 編集
錦さんへ
国公立のT大の医学科に合格したものです。
まず、そこまでの勉強で合格点をとれるかどうかが重要だと思います。

そして、足りなかった場合。センター形式の問題であっても、nimselさん指定の演習方法で勉強すると、二次力もかなり上がります。特に知識系のあいまいさが減り、二次系の教材のスピードが上がります。

私の実体験としておススメです。セミナーレベルが完璧であれば、2週間もあれば十分やれますし、チョイスも1か月弱で仕上がりましたよ。重要問題集も2か月かからずにマスターできました。

個人的な意見ですが、重要問題集からやっている周りの人より、圧倒的に早く(周りの人は半年以上かけて重要問題集をやっていました)、圧倒的に高く(偏差値で75は安定していました)出ました。

どこを受験されるのかわかりませんが、がんばってください。
2011.08.10 Wed l T医. URL l 編集
No title
新演習の姉妹本、新標準演習についてです。
ここでは紹介されてないということは良書ではないということでしょうか?早わかり化学→新標演→新演習☆1.2という順で化学は考えていたんですが、どこか穴がありますか?地方難関大志望です。(非宮廷)
2013.06.09 Sun l かわえー. URL l 編集
No title
当方九大医の学生です。
化学を勉強するときの一番のポイントは、基本知識を記憶したうえで、セミナーの基本問題と例題でアウトプットすること。
新標準演習は、いわばセミナーのレイアウトをきれいにした本に近いと思いますが、何を考えてやるんでしょう。
セミナー+参考書 → 重要問題集+参考書 で偏差値80越えますよ。基礎処理やってれば。
地方で新演習に手を出すのは典型的な落ちる勉強だと思いますよ。
2013.06.23 Sun l Sin. URL l 編集
No title
sinさんありがとうございます。
全科目完全独学なので、解説がより詳しいということと網羅性の重視、新演習の姉妹本なので新標演にしました。
セミナーはセミナーのみ(参考書なし)でやったことありますが、物質量あたりから理解できなかったのでチェンジ、重問は解説に難がありと聞いていたし、独学を経験している医者から周りに聞ける人がいないと勧めないといわれこれも却下としました。
新演習の☆1.2はそれほど難しいわけではなく総まとめとして使える。と聞いていたので、標演を3周くらいしたらやるつもりでした。

重問はすごくいいと聞きますし多くの人がやっているので標演より優れているというのであれば重問に変えたいと思います。
2013.06.25 Tue l かわえー. URL l 編集
No title
ああ、書き忘れてましたが、医学部志望です
2013.06.26 Wed l かわえー. URL l 編集
No title
現在高2の、地方医学部志望です。

理科の進め方なのですが、生物化学を進めようとすると、問題集を解きつつ、ノートにまとめたくなる癖があるのですが、かなり時間を食ってしまいます。
時間の無駄でしょうか?
2013.09.28 Sat l ki. URL l 編集
No title
早わかりの代わりとして是非「橋爪のこれだけで合格を決める」シリーズ(旺文社)を勧めたい。早わかりの良い所を受け継いだ良書。
2013.10.13 Sun l 名前を付けてください. URL l 編集
No title
九大医医のnimsel教室卒業生です
ノート作りが無駄かどうかは、全体の状態によると思います。
nimselさんの本を読めばわかりますが、ノートを作るのは仕上げの段階。
河合模試で偏差値70程度、センターで満点レベルまでは市販の作られたノート形式のものを使ったほうが効率的かと思います。
良い指導者がいるなら、それに従ってノート作ると実力が付きますけどね。
2013.11.17 Sun l Sin. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hikyakusyoten.blog70.fc2.com/tb.php/142-651fb8a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
楽天から検索された商品パソコンによる計算化学入門¥ 6,825著者:ドナルド・W.ロジャーズ/木原寛出版社:丸善サイズ:単行本ページ数:261p発行年月:1993年02月付属資料:フロッピーディスク1枚この…計算化学実験¥ 2,940著者:堀憲次/山崎鈴子出版社:丸善サイ...
2008.07.15 Tue l WEBの情報缶!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。