上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
■単語

★入門からセンターレベルまで

データベース3000基本英単語・熟語 田中茂範/監修、桐原書店
キクタン「Basic」4000―聞いて覚えるコーパス英単語 (中学時代の英語が出来る人のみ)
 

★センターレベルから二次まで

システム英単語 駿台文庫  システム英単語CD
キクタン Advanced6000


■ 熟語集

★ 必要最低限の熟語
合格英熟語300

★ ほとんど困らない状態まで
キクジュク―聞いて覚えるコーパス英熟語 Basic1800


 これ以降の英熟語についての注意。
 英熟語の学習は非常に重要なことなのですが、いたずらに量を増やしたり、完全な丸暗記に走ると良いことがありません。文法書にあるような前置詞についてのイメージを基盤とした学習が求められます。
 例えば、
S V into 名詞 は「Sが名詞になる・変わる」、
S V out of 名詞は「Sが名詞を捨てる・でなくなる」
 というようなイメージで紡いでいくことが必要です。
 また、文法学習・構文学習の過程で既に身につけているものも300~500個程度含まれているので、ターゲット1000でも本当の熟語は500~600くらい。熟語に関して言えば、完璧にするのは受験生には無理だと思います。
 現在下の本を使っている人も、無理に全てを暗記しようとするのではなく、例えば長文読解中に覚えていない熟語に遭遇した時に前置詞などから意味を推測するなどしながら学習するのが好ましいです。
 まずは基本的な500個程度を覚えればいい、という気持ちで取り組んでください。

■ 単語・熟語の完成(余裕がある人限定)
ALL IN ONE―The Ultimate English Guide  高山 英士 (著) リンゲージ倶楽



■リスニング

★ 1.文章そのものを聞き取る能力を鍛える これは、「耳慣れ」もさることながら、英語の総合力の表れでもあります。当たり前ですが、書いてあることを理解できないものは聞いたところで理解できません。
英会話・ぜったい・音読 入門編
英会話・ぜったい・音読 頭の中に英語回路を作る本 標準編
英会話・ぜったい・音読 続標準編
 国弘正雄/監修 千田潤一/監修、講談社インターナショナル

 

 
★ 2.設問形式に対応し、重要部分を聞き取る能力を鍛える。

灘高キムタツのセンター試験英語リスニング合格の法則 基礎編 木村達哉/監修・執筆、アルク
灘高キムタツのセンター試験英語リスニング合格の法則 実践編 木村達哉/監修・執筆、アルク
灘高キムタツの東大英語リスニング 木村達哉/監修・執筆、アルク

  
スポンサーサイト


カテゴリー一覧に戻る  

2008.02.03 Sun l オススメのまとめ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hikyakusyoten.blog70.fc2.com/tb.php/127-1e2fb7c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。