上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
★ 中級文法(どれか1冊) 

全解説入試頻出英語標準問題1100 文法・語法・イディオム・会話表現の総整理 桐原書店

英文法・語法のトレーニング 戦略編 著者: 風早 寛;

入試英文法問題特講 新選ゼミ 西きょうじ/著、文英堂




★ 中級解釈

ポレポレ英文読解プロセス50 西 きょうじ、代々木ライブラリー
英文読解の透視図 中尾 悟 他、研究社出版 (必要がある場合のみ)



★ 長文読解 読み方・解き方編 
英文速読のナビゲーター 大学入試 西きょうじ/著、研究社出版

失点を防ぐ英語長文設問対策
 



★ 英語長文 標準

やっておきたい英語長文500 杉山俊一/共著 塚越友幸/共著 山下博子/共著 早崎スザンヌ/英文監修、河合出版 
こだわって!英語長文読解 標準
こだわって!英語長文読解 発展




★ 英語長文 標準~やや難

灘校キムタツの国立大学リーディング 超難関編
やっておきたい英語長文700 杉山俊一/共著 塚越友幸/共著 山下博子/共著 早崎スザンヌ/英文監修、河合出版 



★ 英作文、書き方指南(1冊のみ)

大矢英作文講義の実況中継 高2~大学入試 大矢復/著、語学春秋社
(英作文の入門)

神戸文章の英語合格英作文作成法 試験で点がとれる 神戸文章/著、学研
(中堅~難関大の人が1冊で終えるのにオススメ。入門から始めることが出来る)


★ 英作文本番レベル(特定難関大学のみ)

全解説頻出英作文完全対策 桐原書店
(東大・京大・医学部レベル)

大学入試英作文実践講義
(京大・医学部レベル)

 


・ 英作文例文学習(徹底対策したい人のみ)

英作文基本300選 英語的発想の日本語をヒントにして覚える飯田康夫/著、駿台文庫
自修長文・自由英作文演習―自分で添削できる 日栄社




・自由英作文(いずれか1冊)

灘高キムタツの東大ライティング
まよわず書ける自由英作文 著者: 杉山 俊一
 


  カテゴリー一覧に戻る  
スポンサーサイト


カテゴリー一覧に戻る  

2008.02.16 Sat l 未分類 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

推薦教材について
京大理志望(高二)です。
今、中級にさしかかるところなんですが、英作文の教材として書籍どおりに英作文基本300選をやろうと思いますが、上で推薦している全解説頻出英作文完全対策は代用となり得る本なんでしょうか。この本の使い方を教えていただきたいです。
2008.02.14 Thu l Will. URL l 編集
英作文にどの程度力を割くかですね。理学部であれば、「実況中継⇒全解説頻出英作文完全対策」で合格点ですし、他の科目の方が大事ということもあるはずです。
2008.02.21 Thu l nimsel. URL l 編集
英作文基本300選の場合、2から3ヶ月とnimselさんの本に書かれていますが、全解説頻出英作文完全対策はどれくらいかかると思いますか。
2008.05.25 Sun l Will. URL l 編集
あと、他の理志望の方へのコメントで英語と理科が勝負の鍵を握ると答えているのを見つけたので、もっと英作文にも比重を置いたほうが良い気もするのですが、やはり実況→全解説で充分でしょうか。
2008.05.25 Sun l Will. URL l 編集
 以前も書きましたが、全体の得点を忘れないようにすることが重要です。まずはそれを忘れないでください。

>実況→全解説で充分

  英文法を丁寧に学習していれば、その2冊で十分合格点を越える下地は出来ます。本番レベルの英作文の本は身についた後も何回も解いて使います。そのため、時間を設定するのは難しいのですが、2ヶ月は必要だと考えてください。

 その上で、京大の英作文で安定しようとする場合、「高度な英文を書く訓練」よりも、「高度な日本語を、そのニュアンスをなるべく残した簡単な英文を書く訓練」が必要になります。


 なお、一対一のやり取りは一対一でのやり取りです。「英語と理科が勝負の鍵」は常ではありませんし、そうした表現を用いるのは学習バランスを伝えるためでした。

 まずはWillさん自身が、「自分には何が必要なのか、どのように受かるのか」を考えてください。
2008.05.30 Fri l nimsel. URL l 編集
何度も質問に答えていただきありがとうございました。
目の前の学習を丁寧に固めていこうと思います。
2008.05.30 Fri l Will. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hikyakusyoten.blog70.fc2.com/tb.php/126-872bbe7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。