上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
★ センター試験実戦問題集 シリーズ(旺文社) ★

英語が新傾向に対応した筆記が3セットとリスニングが2セット。
数学が新課程範囲で1A2Bが4セットずつ。

他の科目も、比較的新しい、少し易しめの問題を収録。総合で70-82%を目指す人が、過去問題の他に追加するとすればこのシリーズがちょうどいいはず。つまり、中堅国立大を目指す人にベストである。

特に推薦するのは英語と数学。最大限の得点を得るために「諦める問題と粘って解く問題」の区別をできるようにするだけでも得点はかなり変わる。





★ マーク式総合問題集(河合出版) ★

通称黒本。前年度の模試の問題を中心に収録。他者の模試問題集に比べ、若干難しめの印象を受ける。このため、センター高得点(85%以上)が必要となる難関大学(ただし東京大学は2次に配分した方が得であることが多いはず)を目指す人が使うことになるだろう。苦手科目を潰せたかどうかの確認として使いたい。

模試問題をほとんどそのまま収録しているため、1セットだけだと出題範囲が偏っており、1冊全てを通して全範囲を網羅するつくりになっていることに注意したい。

黒本を使うレベルの受験生が気をつけることは、「センタータイプの問題を解いたからといって学力そのものが向上するわけではない」こと。解けない問題に出会った時、1セット解いてその時間配分のチェックをした時が得点向上のチャンスであることを忘れずに。

スポンサーサイト


カテゴリー一覧に戻る  

2007.12.16 Sun l センター問題集 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

Z会や駿台を薦めない理由はあるのでしょうか。
2008.01.01 Tue l とおりすがり. URL l 編集
回数及び傾向を考えて、勧めるほどのものではないと判断しています。どうしてもやりたい場合には使って構わないと思いますが、そんな暇が受験生にあるのか疑問ではあります。
2008.01.15 Tue l nimsel. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hikyakusyoten.blog70.fc2.com/tb.php/120-28b9b8d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。