上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 ★ 東大・京大 ★

①基本パターン習得
1.スバラシクよくわかると評判の馬場敬之の合格!数学1・A
2.スバラシクよくわかると評判の馬場・高杉の合格!数学2・B
馬場敬之/著 高杉豊/著、マセマ出版社
★★★★★
☆ 入試問題の全体を眺める、問題集。
中級の核となる問題をひとつひとつ、丁寧に解説。初級段階で学んだ数学の<ツール(解法)>を入試問題にどのように適応させるかが示されています。文系難関で最低限必要な問題たちです。東北大、名大、神大、阪大、九大などの合格平均の目安でもあります。ただし、解説の量が逆に邪魔と感じる人もいるでしょうし、パターンの記憶に始終していると<理解不足>に陥り、伸びが鈍化するかもしれません。初級のメイン本の『定義の証明(加法定理のベクトル証明と式変形による証明など)』を繰り返して補強しましょう。




②本番レベル演習用
文系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B 河合出版
★★★★★
☆ 最難関文系数学合格レベル
 文系数学の良問プラチカ
 特に京大、一橋大の傾向に即応しています。



③文系数学完成

壁を超える数学 代々木ゼミナール ★★★★★ → 廃版は時代の流れでしょう。
 非常に優れた本で、標準問題(決して簡単な問題ではない)へのアプローチに磨きを書けることが出来ます。問題をどう読み取るのかの学習が出来ます。ただし、近年の東大文系数学では差がつくような標準問題が少ない。生徒はプラチカレベルまでで悪くて50/80を超えています。東大数学で60を目指す人が使えば十分です。

大学への数学 スタンダード演習 ★★★★
完璧を目指す文系受験生用です。レベルは文系数学のプラチカ以上。60-70%の問題は正解できるはずですから、そうした問題は1度解いて終わりで構いません。残る課題を攻略しましょう。
ただし! この本を「使わないといけない」ような受験生はいません。「使いたいから使う」ほんです。

** 比較 **
 文系数学入試の核心 ★★★
 ◎プラチカと同レベルを狙った本ですが、少々使いにくい。レイアウトの関係でコチラがいい人もいるかもしれませんが、あえて使うほどでもありません。
 解説がスバラシク親切な頻出レベル文系・理系数学1・A,2・B マセマ出版社  ★★★
 西岡の数学ブリーフィング1・A・2・B 代々木ゼミナール 代々木ライブラリー ★★★
  壁越え数学と同レベル、同目的ですが、壁越え数学を勧めます。

カテゴリー一覧に戻る  

スポンサーサイト
2015.02.18 Wed l 数学 l コメント (9) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。