上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 センター数学の対策をやるタイミングは、3つ。

 1.初級メイン本後、入試の得点UP!
 2.7-8月からセンター対策(難関理系向け)
 3.12月から本格的なセンター対策

 どのタイミングでもやるものは一緒。
 センター対策用の本を1冊、過去問、模試問題集を1-2シリーズです。
 計算と問題文の読み取りがきちんとできる人なら、傾向と対策を完璧にして模試でなれるだけで90%近く取れる楽勝科目です。

★ センター必出の問題を経験する 
 標準年度90%突破! ★

センター数学 傾向と対策 旺文社
 ★★★★★
☆ ヨゼミ実力講師岡本先生が書く、センター数学高得点への最短経路
 基本問題 ⇒ 適度なセンター標準問題 の流れで、無理なく高得点へ。
 入門後、初級後に効果大。90%突破を考えている人にとって必須といえます。極端に数学が苦手な人は、入門レベルをやった後、実戦問題以外を繰り返すだけでも70-80%を狙うことができます。そうした使い方もありだと思います。



 ★ 総合演習 ★
 定期的な期間をおき、演習します。シグマレベルをきっちり終えて、その上で傾向と対策を仕上げた後なら、ほぼ満点になります。ならない場合、基礎処理をきちんとやったかどうか確認しましょう。単純計算、一次方程式が遅いようだと、実力を発揮できません。

1.センター過去問題集 駿台文庫
 ★★★★
☆ 必要十分な過去問題
◎ これ以上の量は必要ありません。最新4年分の本試験・追試験をやれば十分。


2.マーク式総合問題集数学1・A 2・B 
 河合塾数学科/編集、河合出版
3.センター数学実践問題集 旺文社
 ★★★★
☆ 総合演習に最適
◎ 必ずやっておきたい総合演習教材。あまり話題になりませんが、相当な的中率を誇っています。まぁ、センター数学なんてそんなものって感じなんですけど。3はかなり簡単です。文系の人が最終チェックに使うならまずは3から。理系なら2もやっておきたいですね。

★ センター100% ★
きめる!センター数学1・A
きめる!センター数学2・B
浅見尚/著、学研
 ★★★
☆ センターの全パターン入手参考書の決定版
 この「きめる!」の2冊はセンター典型~応用問題を示し、初級段階の知識を即得点へと昇華させてくれます。
 一方で、センター数学としては相当にハイレベルです。本を読めばわかりますが、100%を常に確保するためには120点をとれるくらいの実力が必要になります。難しい問題にも動じず、普段なら40分程度で解き終えるためにはどうすればいいか? そういったレベルの本です。

 でも、傾向と対策までで終えて他の科目の調整に入りましょう。

カテゴリー一覧に戻る  

スポンサーサイト
2014.07.19 Sat l 数学 l コメント (13) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。