上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
*** オススメコーナー ***

★ メイン本 ★
①コース
1.スバラシクよくわかると評判の馬場敬之の合格!数学1・A
2.スバラシクよくわかると評判の馬場・高杉の合格!数学2・B
3.スバラシクよくわかると評判の馬場・高杉の合格!数学3・C
★★★★
☆ 入試問題の全体を眺める、記憶目的の問題集。
◎ 中級の核(ただし、問題数は絞られている)であり、ひとつひとつを非常に丁寧に解説。演習用問題集ではなく、初級段階で学んだ数学のツール(解法)を入試問題にどのように適応させるかを示した参考書。
◎ レベルは河合ボーダー60前後の難関で<落としたら合格できない問題><合格者がとっている問題>のふたつを中心に収録。
◎「合格数学!」河合ボーダー60までなら次に 理系数学入試の核心標準編 を学習する。これで合格点を超える。



 理系数学入試の核心標準編 直接リンク

★★★★★
☆ 北海道大学、東北大学、東京工業大学、名古屋大学、大阪大学、大阪府立大学(中期)、九州大学、薬学部、獣医学部に代表される難関の合格の目安となる1冊です。
◎ 標準易しめを中心とし、合格への指針を与えてくれます。必要分のメイン本(合格や分野別対策)を身につけた後、今までの復習をしながら演習に使います。
◎ 単純に答をすぐ見る学習ではなく、25分は解けるように取り組むことが重要になってきます。本番までに3回繰り返しましょう。


②コース
1対1対応の演習/数学
★★★★★
☆『本質の解法』『理解しやすい』『黄チャート』『青チャート』のいずれかの使用、または『シグマトライ ⇒ 合格数学』に相当する学習を前提にしています。
☆ 中級段階の完成へ
◎ 旧課程では使い勝手に問題がありましたが、大幅な改訂により生まれ変わりました。 
☆ 例題は難関大学を目指す人が<試験場で取らなきゃいけない問題>の必要量を示しています。解説は、簡潔かつ十分で、斬新な切り口も見せることがあるでしょう。 
☆ 練習問題は例題よりややレベルが上がる、演習にふさわしい問題。例題だけで次に進む受験生が多いようですが、練習問題までやれば、東大や京大理学部、地方医学部でも合格点を狙えます。
   
 

 ☆ 理解補足本 ☆

 本質の研究数学 旺文社
 ★★★★★
☆ 都市部医学部専用(東大・医学部で合格プラスアルファライン)
◎ これ単独で成績が上がる本ではありません。しかし、「1対1対応の演習」以降の学習効果を下支えするものになります。この本の有効性を語るには、まず大学入試の特徴を話す必要があります。現在の大学入試では、
①難問は滅多に出題されない(出題されても合否を分ける決定打にはならない)
②標準問題をどこまで解けるか
 の2点が大きな特徴になっています。東大入試ですら難問は僅か。難問の得点を0点としても、全国最難関の理科3類の合格平均点を大きく上回るのです。つまりこれは、「標準問題を完璧に解くことが非常に難しい」ということも意味しています。そもそも数学は基本パターンの量が他の科目に比べ膨大で、その応用形もまた幅広いためです。
 標準問題(難関大の入試問題と考えてください)をコンスタントに解けるようになるためには、使っている道具の見直しが必要となのです。進学校に通っていれば、この本に書いてあるような内容は先生が話しているでしょう。公式の導出、問題背景の説明、定義の確認などが中心ですから。
 しかし、ただ問題を繰り返し解き身につけるだけだった人にとっては、いわゆるパターンと呼ばれる問題が、数学の根本とどのような関係を持っているかを確認できます。問題を解く必要はありません。ざっと目を通し、時おり中級段階のメイン本にフィードバックすることを意識すれば十分です。
 実力があると自負している人(河合記述で偏差値70台の人)は、立ち読みでもいいので、この本を読んでみてください。標準問題の壁を乗り越えるヒントが満載です。





 ★ 演習問題集 ★
やさしい理系数学 河合出版
★★★★
☆ 段階を踏んできた人には確かに「やさしい」問題集だが。。
◎ 標準典型~標準問題を中心に収録。
◎ 東大理系・医学科志望であればやっておきたい目安の一冊。
◎ ほとんどの人はこのレベルを易しいと感じでないでしょうし、無理して『やさしい!』などと言う必要もありません。ただ、ベクトル、微分、積分、図形と式で難しいと感じるようであれば、力が足りていません。場合によっては初級の復習に戻りましょう。
◎ 理系数学標準問題集 駿台文庫は同レベルの本ですが、別解の豊富さからやさしい理系数学が優れています。



 医学部攻略の数学 河合出版
 ★★★★★
★ 医学部攻略目安の100問+100問 ★
◎ 医学部の難易度は、出題される問題の難易度の高さにあるのではなく、一定以下のレベルの問題で高得点を上げる優等生的実力をつけることの難しさによります。
◎ しかし、偏差値的な難易度が高いため、本来出題されないようなレベルの問題を多く解き、しかも理解できないまま自己満足に浸る受験生のほうが多いと言う問題は、未だに解決されていません。
◎ そのような現状に終止符を右端がために出版されたのがこのシリーズ。
◎ 例題:全ての医学部受験者にとって、『本番で合否を分かる』問題が収録。演習を通じてこの本を学習し、今まで学んできた知識をもう一段上に引き上げましょう。回答に理解できない部分があるなら、あなたは中級確立以前で躓いています。場合によっては初級に戻りましょう。
◎ 類題:例題の発展問題です。ただ、コンセプトは同じ『本番で合否を分ける問題』です。ただし、例題は解ききることが求められますが、類題は「一定以上きり崩す」ことが出来ていれば本番では合格点は取れるだろうと思います。
◎ 正直、この本を使用するかどうかは、学習効果ではもちろん、学習指針においても重要なことになってくるのではないかと思います。
◎ 地方医学部は例題のみ。都市部医学部は類題までがひとつの目安になると思います。繰り返し演習しましょう。




★ やっておきたい分野別強化本 ★
 総合対策本を1冊追加するのは、かなり負担の大きい行為です。課題がはっきりしているなら、分野別に攻略するのも賢い選択肢です。

ハッとめざめる確率 数1中心 安田亨/著、東京出版
★★★★★
☆ 確率対策決定の書
◎ 中級から上級へ上がらせる本。
◎ 初級段階を確実に終えて解法を一通り知った後にこなせば、確率で点を落とすことはなくなるでしょう。
◎ 短期間で二次数学の成績を上げたい人で「志望校に確率が頻出」の人は必携の本です。

佐々木隆宏の 整数問題が面白いほどとける本
★★★★★
☆ 整数対策決定本
◎ 現在の総合問題集から姿を消してしまった<整数問題>。入試標準レベルの問題をいきなり身につけようとしても、限界があります。
◎ 整数問題には<3つの解法>しか有得ず、それらの基本を学ぶのに最適です。細野本で欠けていた合同式を含め、基本から難しい問題までを駆け上がります。
◎ 東大や医学部受験生でも、整数対策が出来ているのは少数です。また、コストパフォーマンスにも問題がありました。しかし、この1冊が出版されたことで、最小のコストで最大の保険をかけることが出来るようになりました。
◎ 中級であれば、どのタイミングで使ってもいいと思います。

微分積分基礎の極意
 ★★★★
☆ 入試問題を解く手がかりとする参考書
◎ 1章で、必要となる計算力を身につけているかをチェックし、2章では<入試問題のテーマと成る知識>をまとめ、3章では代表的な問題を収録しています。
◎ この本は繰り返す中で知識の定着度をあげ、平行して入試問題を解いていくことで真価を発揮します。
◎ 中級最終段階の本であるといえると思います。

志田晶の 行列・1次変換・いろいろな曲線が面白いほどわかる本
★★★
☆ 短期で入試レベルの補強
◎ 特に「行列・1次変換・いろいろな曲線」は中級レベルで重宝します。

 

*** 比較 ***
解説がスバラシク親切な頻出レベル理系数学1・A,2・B,3・C 馬場敬之/著 久池井茂/著、マセマ出版社
★★★
* 標準を捻った問題を解きほぐす訓練のために *
◎ 中級確立後
◎ 難関大とされる総合大学で出題されそうな「適度に捻られた」問題が収録。一言で言えば「試験場で差がつきやすい問題」が収録されています。
◎ 僕が勧める使用法は、「頭の中で検索にかけながら問題文の読解」です。

こだわって!シリーズ
1.数学〈理系〉微分 大竹真一/著、河合出版
2.数学〈理系〉積分 大竹真一/著、河合出版
3.数学〈理系〉微分・積分総合
4.数学〈理系〉図形と方程式 久徳高彦/著、河合出版
5.数学〈理系〉数列・極限 朝田康文/著、河合出版
6.数学〈理系〉確率 井上正祥/著、河合出版
7.数学〈理系〉ベクトル
8.数学〈理系〉関数と数と式
★★★~★★★★
☆テーマは「ひたすらやる!」です。地方医学部を目指す人は上級問題集を無理にやるよりは頻出分野をこちらで補強したほうが賢いことも多いでしょう。やるとしたら多くて3冊です。微積総合、数列・極限の2冊は効果が高いでしょう。

カテゴリー一覧に戻る  

スポンサーサイト
2014.02.18 Tue l 数学 l コメント (48) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。