上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
リスニングは、3つの対策が柱として存在します。

1.文章そのものを聞き取る能力を鍛える これは、「耳慣れ」もさることながら、英語の総合力の表れでもあります。当たり前ですが、書いてあることを理解できないものは聞いたところで理解できません。

2.設問形式に対応し、重要部分を聞き取る能力を鍛える。


★ 目的「1」 ★ 

 中学リスニングレベルは入門編、高校リスニング初心者レベルは標準編。それぞれ1冊ずつを完璧にしましょう。なお、気に入った英文は暗誦できるようにすることを勧めておきます。

1.英会話・ぜったい・音読 入門編

国弘正雄/監修 千田潤一/監修、講談社インターナショナル
価格:1,260円
★★★★★
☆ リーディングの教科書から良い文を選抜して構成されています。
◎ リスニング学習の指針がかかれており、偏差値70でも学ぶことが多いです。



1.英会話・ぜったい・音読 頭の中に英語回路を作る本 標準編
2.英会話・ぜったい・音読 続標準編
 国弘正雄/監修 千田潤一/監修、講談社インターナショナル
★★★★★
 


熱血教師キムタツの東大英語基礎力マスター Vol.7リスニング篇 ~ 木村 達哉
★★★
☆ 中学の頃のリスニングはできるけど、「灘高キムタツのセンター試験英語リスニング合格の法則 基礎編」で急に音が聞き取れなくなった人限定
◎ この本を使う人は多くないはずです。というのも、近年は長文問題集にCDがついていることが多いので、そのCDを聞きながら何回も復習していれば、中学英語が出来た(主観ではなく、チェックテストで基準十分超えた)人なら自然と身につくことですから。この本を使ってなお身につかないというのなら、中学英語が不足ということになります。



 
★ 目的2 ★

1.灘高キムタツのセンター試験英語リスニング合格の法則 基礎編 木村達哉/監修・執筆、アルク
★★★★★
★ 目的「2」で最も上質 ★ 
◎ センター対策と銘打っていますが、「リスニングの2つの基本」を押さえた、すばらしい本です。
 1.リスニング学習の基本。
 2.リスニング問題の解法の基本。
 ☆これから試験としてのリスニングを始めようという人は、大学受験に留まらず、必携としていただきたい本です。

2.灘高キムタツのセンター試験英語リスニング合格の法則 実践編 木村達哉/監修・執筆、アルク
★★★★★
★ 目的「2」で最も上質 ★ 
◎ センター対策と銘打っているとおり、センターリスニングで難しくなる形式を特化して扱っています。
● なお、私大入試としてのリスニング、TOIEC学習にも効果があります。

3.灘高キムタツの東大英語リスニング 木村達哉/監修・執筆、アルク
★★★★★
★ 東大受験者必携 ★
◎ 東京大学のリスニングに対応するようなリスニングの本は、今まで大学受験参考書に存在しませんでした。
●「ニュース英語」を収録した収録した教材が唯一、代用できる可能性がある本でしたが、北大リスニング、東大リスニングに即応したものではないことは明らかでした。
●そんな「受験界の欠落」を埋めるべく、颯爽と登場したのがこの本です。

  

* その他の本 *
 その他の本は、センターリスニングの難化についてこれていません。平均点くらいでいいというのなら、次の本を薦めます。

安河内のセンター英語リスニングをはじめからていねいに―大学受験英語 (東進ブックス―名人の授業) ~ 安河内 哲也


カテゴリー一覧に戻る  

スポンサーサイト
2009.07.01 Wed l 英語 l コメント (9) トラックバック (0) l top
 文章入手の英単語 ★



西きょうじの英文読解+英単語―リーディング&ボキャブラリー センター・中堅私大レベル 西きょうじ/著、文英堂
★★★★★
☆ 文章中で語彙・語法の入手
◎ 初級の完成・高校レベル基礎リスニングの完成
◎ センター90%を本を使って示すなら、単語レベルはこの本です。◎ 飽きが来ないよう、面白い文章を選定し、なおかつ文法の解説、読解の指導を行っています。
◎ この本に掲載されている単語は1500ですが、今日性ある長文を選んでいることから、本番での的中率は非常に高いでしょう。
◎ 偏差値60前後で伸び悩んでいる受験生には特にお勧めです。
◎ 高2の人が春までに仕上げる本としても良いです。

速読英単語 必修編 増進会出版
★★
☆ リライトされた英文が学習効果を落とす。
◎ 無理に単語を詰め込み、リライトを重ねて英文として不自然になっている本。大改訂でほぼ全文が差し替えられましたが、根本的な問題は何も解決されていません。この本を使うくらいなら、普通の単語帳と長文で学習したほうが効果が高い。


速読英単語 上級編 増進会出版
★★★★
◎ 中級の確立以降
◎ 旧版は上級の人しか使えない内容でしたが、改訂により、<難関入試頻出の語彙>に統一されました。一部突拍子のないものがあるものの、わずかです。
◎文章レベルも標準+α 程度です。
◎ただし、普通の受験生には15~20回も繰り返し読む時間があるかは疑問なので、全ての文意・単語の意味が分かるようになったら、本格的に長文演習に取り組んだほうが点数につながると思います。

3.速読速聴・英単語 Core 1800 単語1400+熟語400=1800 松本茂/監修 松本茂/〔ほか〕著、増進会出版社
★★★★★

☆ 難関大の頻出文章を押えた上質の単語集
◎ 上級寄り教材(CDは大学入試で最速レベル)
◎ いくつかのテーマに分かれた文章と、DUOを連想させる短文が収録されています。COREには、中級の必修レベルの単語と二次でよく狙われる単語が収録されています。


5.速読英熟語 増進会出版
★★★★
◎ 初級 ~ 中級
◎ 基本熟語から難関までの熟語(約1000)を与えてくれます。
◎ 長文中で覚えたい人には、最も優れた本であると考えますが、熟語はそれ自体が記憶に残りやすい性質を持っているので時間との相談になると思います。
◎ 熟語問題集の演習を忘れずに行いましょう。

5.リンダメリカ
★★★
◎ 入試向けではない。
◎ テーマを日本語で解説していますが、そんなものは現代文で学んでおくことです。目新しいテーマなど収録されていません。
◎ 代表的な長文を選抜しているのが特徴ですが、設問なしにただ収録された英文を読み込むだけの本としては、レベルが不安定です。
◎ 『頻出テーマ』という言葉に縛られ、本来の重要語彙の学習が疎かになる本末転倒な学習にならないように注意してください。

** ここからは特定語彙について **

基本的には入試問題を経験する中で学習していけば十分対応できます。テーマ別の学習がしたいのならば、『速読速聴・英単語 Core 1800』『速読速聴・英単語 アドバンス』が優れているでしょう。

  


カテゴリー一覧に戻る  

2009.07.01 Wed l 英語 l コメント (3) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。