上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
★ 入門からセンターレベルまで ★

 *** 改定の理由 ***

 今回、音声を通すことによる記憶の強化について、生徒の定着率で実験したところ、音声を用いた学習を取り入れた場合の方が、圧倒的に定着率が高いと言うデータが出ました。

 この理由は、次の3点であると考えています。

1.音声を用いることで、記憶に留まりやすくなる。

2.正しい発音を知ることで、単語の類推能力が上がる

3.毎日一定量を学習するきっかけになる

 今回得たデータを活かしたレビューに切り替えました。

 *** レビュー ***

 1は、中学入門レベルから。

 2は、中学である程度(80点くらい)はとってきた人

 3は、中学で、90点以上取ってきていて、公立入試でもほぼ満点が取れた人

 というのが目安になると思います。

1 下のどちらかを選択
データベース3000基本英単語・熟語 田中茂範/監修、桐原書店
大学入試データ分析英単語VALUE1400―3000語レベル (大学入試データ分析) ~ 赤野 一郎
★★★★
◎ 中学入門 ~ センター85%まで付き添える。
◎ 中学1年から3年までの基本単語を確実に押さえることが出来ます。河合偏差値ボーダー55までの国立大学やセンター80%で対応できるような私立には、この単語集だけで十分だという点が、最大の特徴。
◎ これ以降は『システム英単語』か『キクタン4000』、「ユメタン1」に進みます。



2.システム英単語 Basic
 ★★★★
☆ 大学入試を中心として考え、中学校~高校までの基本単語を押えています。
◎ データベースよりも若干レベルは高く、センター90%以上に十分対応できる内容になっています。
◎ センターまででよい人にとっては、目標教材の一つとなります。
◎ なお、この本までと考えている人は、必ず別売CDを使用してください。
◎ また、次の段階へと上がる人で、CDを使用していない場合は、キクタン4000・6000の2冊を使用することを勧めます。
 分量・金額的に『システム英単語+CD』と同じですが、ミニマムフレーズに対する飽きを防げます。ただ、システムで貫きたいのなら、それも選択肢の一つではあります。

  システム英単語ベーシック CD 

3.キクタン「Basic」4000―聞いて覚えるコーパス英単語
★★★★
☆ 中学英語に不安がない人限定。
◎ 音による記憶重視
◎ 正しい発音を覚えつつ、音楽調で単語を記憶出来ます。
◎ 一部変な意味も収録されていますが、最終的には文章を読むことでカバーすれば問題ありません。
◎ 例文使用の単語帳としては最も優れていると考えます。
◎ システム英単語(ベーシックではない)の1・2章に相当する難易度で、センター90%以上を取る語彙としては十分でしょう。フレーズを利用しましょう。

 

 
  カテゴリー一覧に戻る  

カテゴリー一覧に戻る  

スポンサーサイト
2009.04.21 Tue l 未分類 l コメント (29) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。