上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『nimsel図書室』:学習参考書のレビューを中心としている書店に読書と言う風を引き入れます。1冊1冊のレビューをするのは僕の仕事とは思えないので、作品を超えた、または筆者を超えた関連の中で本に対する感想を与えます。しばらくは非常に読みやすい本を中心に取り扱い読書の楽しみに触れることのできるような本の紹介から始めようと思っています。

 と書いている通り、そんなにゴツイ本は紹介していないです。大学の図書館で探すようなタイプの本ではなく、気楽に読書の楽しみを知ることが出来るだろう本を紹介しています。赤川さんや乃南さん、灰谷さん、重松さんの作品は代表的なものですよね。

 ★ 僕の周りで起こる共鳴現象 ★

 実を言うと、この2年ぐらい前まで作家のエッセイの類は読んできませんでした。というのも、『作家はその作品中で語るべし』という思い入れがあったからなんですね。

 ところが、村上春樹さんの作品の変遷をじっと見つめていると、河合隼雄先生と出会い、お互いの意見を引き出しあい、語っていく中で、何かしらの影響を受けたのではないかと言う形跡がある(ように思えた)のです。

 それを皮切りに、エッセイ的なものを多く読み始めました。この半年間で読んだものの中で特に印象に残っているのは、柳田邦男先生、河合隼雄先生のお二人が関係しているエッセイ・コラム・対談についてでした。

 今回はまだ紹介しませんが、『死に裏付けられた生』というテーゼが空気の一部として存在する語りには、僕が日々考えてきていることと重なることが多く、10P足らずに3時間かけて読むこともしばしばあります。 

 ★ 特に好きな作家の共通事項 ★

 村上春樹さん、吉本ばなな(現よしもとばなな)さんの作品に共通していることは、主題が動いてきている、そして作家自身の主題もおそらく変化していると言うことです。

 春樹さんは幾度か書かれていますが、デタッチメントからつながりの回復(そして現在はつながりの創り方だと思います)という変遷をはっきりと意識されています。一方、ばななさんも、死を含んだ生の意味合いを、<死に取り残された側>ではなく、<死を見送る側>へと視点がシフトしているという印象を受けます。

 いずれにせよ、このお二人の作品は全く違う様相を見せながらも、敏感に世の空気を読み取り、抽象化・物語化することで遠まわしの具体化を行っている、と言う点においては共通しているのではないかと考えています。

 作品の多層性が、繰り返し読む楽しみをコンスタントに生み出せている作家は、僕の知る限りでは春樹さんとばななさんだけです。

 ★ 今日のオススメ ★

 僕が勧める読む順番で配置しています。もちろん、無視してもいいと思いますけどね。文庫版を紹介しています。

 今までの作品を前半と後半の2つに分けています。

 著者 村上春樹
 1.世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド
 2.ノルウェイの森
 3.羊をめぐる冒険
 4.ダンスダンスダンス







 著者:吉本ばなな

 1.キッチン
 2.アムリタ
 3.ハネムーン
 4.TUGUMI




 90年代全までの作品が中心ですが、今読んでなお新しさを感じる作品です。書かれた順がかなり前後しているのですが、僕が紹介するのは上の順序となります。まあ、実際には好きなように読んでもらえればいいと思います。

 非常に面白いので、学習そっちのけにならないように注意してくださいね(笑)



カテゴリー一覧に戻る  

スポンサーサイト
2007.02.28 Wed l 未分類 l コメント (3) トラックバック (0) l top
 1.好きな作家の共通事項

 扱っていく予定の本の目録です。現在はその一部です。僕が本を読み返す中で、優れていたものは順次追加していきます。目下、30ヶ国語くらいの知識がいる難関不落の作家の図書に挑戦中・・・

 なお、上に共通の作者名は省略します。なお、訳者名がない場合、原書(英語)のものです。

 選考の基準は、比較的読みやすくて抵抗無く入いっていけるもので、僕が好きなものかどうかです。とりあえず、思いつくまま書いてみました。さっと100冊くらいですね。ただ、近代作家は夏目先生と太宰治、三島由紀夫など、一部の人だけ取り上げています。
 そのうちいろいろ追加します。

 ★ 読書の楽しみに触れる ★

ふたり (赤川次郎)
ハ長調のポートレート

鍵(乃南アサ)

凍える牙

いまを生きる(クラインバウム 白石朗訳)

月と6ペンス(モーム 中野好夫訳)

クリマスキャロル(ディケンズ 訳者?)

ミラクル(辻仁成)
ピアニシモ
そこに僕はいた
グラスウールの城

火車(宮部みゆき)
人質カノン

兎の眼(灰谷健次郎)
ろくべえまってろよ 絵本
太陽の子
風の耳たぶ

舞姫通信(重松清)
ナイフ
日曜日の夕刊
ビタミンF
エイジ
卒業
カカシの夏休み
口笛吹いて
トワイライト
送り火

異邦人(カミュ 窪田啓作訳)

グレート・ギャッツビー(フィツジェラルド 野崎孝訳)

THE CHACHER IN THE RYE(J.D.SALINGER)
キャッチャー・イン・ザ・ライ(村上春樹訳)
キャッチャー・イン・ザ・ライ(野崎孝訳)

Silent Spring (Rachel Carson)
sense of wonder

檸檬(梶井基次郎)

人間失格(太宰治 嫌いだけど敢えて入れました)

金閣(三島由紀夫)

我輩は猫である(夏目漱石先生)
坊ちゃん
草枕
虞美人草
倫敦塔
坑夫
三四郎

行人
硝子戸の中
明暗
道草
それから
こころ

キッチン(吉本ばなな 現:よしもとばなな)
アムリタ
ハネムーン
白川夜船
うたかた/サンクチュアリ
とかげ
哀しい予感
N・P
SLY
ハードボイルド/ハードラック
TUGUMI
ハチ公最後の恋人
デットエンドの思い出

風の音を聴け(村上春樹)
1973年のピンボール
羊をめぐる冒険
カンガルー日和
世界の終わり/ハードボイルドワンダーランド
ダンスダンスダンス
ノルウェイの森
ねじまき鳥のクロニクル
遠い太古
国境の南、太陽の西
スプートニクの恋人
カエルくん東京を救う
海辺のカフカ
アフターダーク
東京奇憚

下のカフカの本(訳者たくさん)
審判
変身
判決
流刑地にて
田舎医者
断食芸人

人生論(トルストイ 訳?)
戦争と平和 (訳?)


 ★ 評論・学問・対談・エッセイ ★
村上春樹、河合隼雄に会いに行く(河合隼雄・村上春樹)
なるほどの対話(吉本ばなな・河合隼雄)
心理療法個人授業(河合隼雄)
働きざかりの心理学
こころの声を聴く
こころの処方箋
縦糸横糸

やがて哀しき外国語(村上春樹)
アンダーグラウンド
村上朝日堂シリーズ

プラトン(岩波新書)
フロイト
ユング
アドラー

いのちの小さな声を聴け(灰谷健次郎)
わたしの出会った子どもたち

トットチャンネル(黒柳徹子)
小さいときから考えてきたこと
となりのトットちゃん

「人生の答」の出し方(柳田邦男)
言葉の力、生きる力
「死への医学」への序章
「死への医学」への日記

子どもと教育 教育学入門(藤田英典・田中孝彦 岩波書店)

和辻哲郎の視圏(市川宏祐)

武士道(新渡戸稲造)

7つの習慣(ジェームス・スキナー 川西茂訳)

ゼミナール日本経済入門

アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書

サバイバルプラン(奥野信亮)

トヨタ生協革命(井上邦彦)

カテゴリー一覧に戻る  

2007.02.14 Wed l 読書 l コメント (3) トラックバック (2) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。