上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
基礎処理能力強化にあるくらいの漢字学習が出来ているのが理想なのですが、理系のひとはもちろん、多くの文型の人にはなかなか時間が取れないのではないでしょうか。

 今回、『最低限の語彙』『英語・国語で書けないと危ない漢字』『現代文で入試頻出』のものを、30日間、1冊・3回ペースで繰り返すことが出来る教材を選定しました。

 普段漢字を書かない場合、こうしたボキャブラリーチェックは読解にも好影響を与えるので、やらなきゃソンです。

実戦 漢字基礎/標準 桐原
意味が問題の下に示されており、扱いやすいでしょう。基礎編を流し読んでみて、ほとんどかけることが最低条件。標準編は難関大学を目指す人のみ使用してください。




 気楽に、毎日書き込んで、自信の無いものは数回繰り返す、シンプルな使い方で十分です。

カテゴリー一覧に戻る  

スポンサーサイト
2006.10.23 Mon l 現代文 l コメント (5) トラックバック (0) l top
*** 古文単語 ***

 ネコ単の代用品。

 といっても、少し困るんですね。

 ネコ単の長所は、使い込み方によって段階分けが可能だったのですが、他の本はなかなかそうも行かない。

 250~300で十分な人もいれば、300レベルを2冊やって実質400~500くらい、京大で600ほしいという人もいたり。

 まあ、たかが100個くらいの誤差だろう、といってしまえばそこまでなんですが、気にする人も多いでしょうね。

 大まかな区切りではありますが、評価してみました。

 ちなみに、基本的に単語は単独と単文中(短文じゃないよ!)の2通りで覚えるべきだと考えています。ゴロだけではなく、最低限土屋先生の本くらいの頻出単語は古文として覚えておくほうがベターです。

 あと、徹底的に語彙を鍛えた僕に経験が無い(せいぜい700くらいだと思います)ので、おかしい部分があれば遠慮なく指摘してください。

 ★ ハイレベルな人向け ★

 古文単語FORMULA 600―大学受験



 ★ 段階分けにちょっと対応 ★

 高校のとき使った本です。

 好きでない人にはちょっとここから全てを覚えるのは辛いかも。。

 200くらいの本(マドンナとか)を覚えてからの方がいいと思います。

 実戦トレーニング古文単語600



 ★ 標準レベルまで(余裕があれば2冊使おう。) ★

 重要古文単語315―読んで見て覚える
 現代語の例文で覚える古文単語250―大学入試

 かなりオススメ。新しいようですけどね。東大や多くの国立大は、大体300語くらいの軸を作るのが先になってくるので、ちょうどいいかもしれません。




 実践トレーニング標準古文単語259
 頻出古文単語250―フローチャートで覚える

 かなりしっかりした作りで、600ほど重くも無く、マドンナのすっ飛んでる場所も押えてくれているので、マドンナとの相性はいいんじゃないかなと思っています。



 ★ 最低限のライン(センターはこれだけは危ないよ!) ★

 古文の全体を掴む(文法学習・有名文の読解)の前に、最低限知っておきたい単語を上げるならば、下のものが挙げられます。

 マドンナは何度の高い単語が混じってたりするので、230では図り切れなかったりしますけどね。

 土屋の古文単語222―代々木ゼミ方式

 マドンナ古文単語230―荻野文子の超基礎国語塾

 いい本なのですが、もう1冊追加する余裕のある人が使うべきかなと思います。



カテゴリー一覧に戻る  

2006.10.19 Thu l 古文 l コメント (2) トラックバック (0) l top
 目標地点は以下の3つ。

 レベル1.河合ボーダー偏差値理系52.5

 レベル2.河合ボーダー偏差値理系57.5

 レベル3.河合ボーダー偏差値理系60.0

 各レベル、ステップ2で最低点には届くと思います。

 まずはそこまでを確実に。

 ちなみに、かなり面白いくらい点数が上がっていくプランです。

 ステップ2で、飽きるまで一冊を繰り返してから次に行くのがポイント。

 例を一つ挙げると、夏冬の名大OPで化学が得点率25%だった生徒が、レベル2のプランを約100日で実行したところ、かなり易化したとは言え、本番で(採点結果)70%程度の得点率でした。

 他にもぐんぐん伸びた例はあるように、ホントに得点源になります。

* レベル1.河合ボーダー偏差値理系52.5で合格点を取る! *

 河合偏差値で50以下。マークで65点以下の人が、このレベルの大学の合格点をサクッと取れるようになるプランです。

 ステップ1
 科目の概要を捉え、基礎問題を入手する。

 化学1の分野を先にやります。
 同分野を数回繰り返してから進みましょう。

 岡野の化学をはじめからていねいに 大学受験化学 理論化学編
 岡野の化学をはじめからていねいに 大学受験化学 無機・有機化学編 岡野雅司/著、ナガセ
 らくらくマスター(発展問題含む)
 岡島のイメージでおぼえる入試化学I・II―代々木ゼミ方式

  

 ステップ2

 本番のための演習です。過去問題と下の本を繰り返しやりましょう。

 センター・マーク基礎問題集化学1〈理論編〉 代々木ゼミ方式
 センター・マーク基礎問題集化学1〈有機・無機編〉 代々木ゼミ方式

 

* レベル2.河合ボーダー偏差値理系57.5で合格点を取る! *

 河合記述で53程度の偏差値・マークで65点以上を下地として想定しています。

 下地が不足する場合には、「はじめからていねいに」をまずやることを勧めます。

 ステップ1

 基本イメージと基本問題の入手。(理解しにくい場合には、理解しやすい化学を参考にしてください)

 下の2冊を分野ごとに反復します。

 岡島のイメージで覚える化学
 らくらくマスター(または学校配布の基本問題~発展例題まで)

 

 ステップ2
 試験の点数をガンガン上げる!

 センター・マーク基礎問題集化学1〈理論編〉 代々木ゼミ方式
 センター・マーク基礎問題集化学1〈有機・無機編〉 代々木ゼミ方式
 化学1・2基礎問題精講 鎌田真彰/共著 橋爪健作/共著、旺文社

 


 ステップ3
 典型問題を身に付け、過去問演習より課題発見。

 河合 チョイス化学

 ☆ 典型問題の入手として、らくらくを使用条件化ではかなりのオススメ。



* レベル3.河合ボーダー偏差値理系60.0で合格点を取る! *

 河合記述で55程度の偏差値・マークで70点以上を下地として想定しています。

 不足する場合には、「はじめからていねいに」をまずやることを勧めます。

 レベル2との差は、最終的にやるべき分量で、上がる階段にはほとんど差がありません。
 
 ステップ1
 基本イメージと基本問題の入手。暗記に偏りすぎるのを避けるため、先生に質問するか、「理解しやすい化学」を参考にしてください。

 下の2冊を、分野ごとに反復して身につけます。

 岡島のイメージでおぼえる基礎化学IB・II
 らくらくマスター(または学校配布の基本問題~発展例題まで)
 
 

 ステップ2
 典型問題を通して、試験の点数をガンガン上げる!

 センター・マーク標準問題集化学1〈理論編〉 代々木ゼミ方式
 センター・マーク標準問題集化学1〈有機・無機編〉 代々木ゼミ方式  
 河合 チョイス化学 

 

 ステップ3
 典型問題を身に付ける!

 次の2冊のどちらか一方を身につけます。あとは過去問演習で鍛えるべき分野を判断していきましょう。

 入試で点が取れる目良の理系化学I・II頻出問題解法

 短期攻略可能。



 解説が詳しい化学1・2頻出重要問題集 庄司憲仁/著、旺文社

 時間がかかります。手を出す前に自問しよう。『センターは最低限のことが出来ているかなぁ…?』



 *** ★ 強化参考書 ★ ***

 ☆分野別の強化 

レベル1・2向け。

1.要点整理 理論
2.要点整理 無機
3.要点整理 有機

 

 レベル3向け。

1.鎌田の理論化学計算問題の解法 合格点への最短距離 鎌田真彰/著、旺文社
2.鎌田の有機化学有機頻出問題の解法 合格点への最短距離 鎌田真彰/著、旺文社

 

カテゴリー一覧に戻る  

2006.10.16 Mon l モデルプラン l コメント (0) トラックバック (0) l top
 目標地点は以下の3つ。

 レベル1.河合ボーダー偏差値文理52.5

 レベル2.河合ボーダー偏差値理系57.5

 レベル3.河合ボーダー偏差値理系60.0

 「物理の基本的イメージの入手」「物理の基本的解き方の入手」は共通の項目です。

 レベルによって、やる順番があります。

*** 物理の基本的イメージの入手 ***

1.橋元の物理をはじめからていねいに 大学受験物理 力学編
2.橋元の物理をはじめからていねいに 大学受験物理 熱・波動・電磁気編 橋元淳一郎/著、ナガセ

 

*** 物理の基本的解き方の入手 ***

1.NEW浜島物理1・2講義の実況中継 高校物理 上
2.NEW浜島物理1・2講義の実況中継 高校物理 下 浜島清利/著、語学春秋社

 


★ レベル1.河合ボーダー偏差値文理52.5で合格点を取る ★

 ステップ1
 「学校配布の教材の基本問題(持っていない場合はらくらくマスターまたは、エッセンスの☆なし)で、公式の運用を入手」と「物理の基本的イメージの入手」を分野ごと(しかも項目毎)に反復します。

 「はじめからていねいに」が理解でき、解けるようになればひとまず十分です。

 ステップ2
「学校配布の教材の基本問題で、代表的処理を入手」と「物理の基本的解き方の入手」を分野ごとに反復します。

 ここまでで、極めて代表的な問題を身に付けることが出来て、このレベルなら合格点を取る力はついています。

 ステップ3

 これのレベルとしては仕上げです。

 簡単な予想問題ですが、問題文をていねいに読み取る訓練が出来ていれば、十分な点が取れるはずです。あとは、ステップ1、2の教材をしっかりやることです。

 為近の基礎物理I・II―代々木ゼミ方式



 ★ レベル2.河合ボーダー偏差値理系57.5 ★

 河合の記述で50以上取れている下地がほしいです。

 足りない場合、センターを意識した学習を優先的に行いましょう。

 ステップ1
 「物理の基本的イメージの入手」を分野ごとをざっとこなします。

 重要なのは、問題に正解するよりも、今まで理解していなかったことを知ること。

 ステップ2
 ステップ1で分かった弱点分野を 「持っていない場合はらくらくマスターまたは、エッセンスの☆なし)で、公式の運用を入手」でこなします。

 公式・有名処理をきちんと身につけましょう。

 ステップ3
 問題の読み方と解き方を学習します。

 「物理の基本的解き方の入手」
 +
 為近の基礎物理I・II―代々木ゼミ方式



 ステップ4
 代表問題を演習する。
 
 橋元淳一郎の物理橋元流解法の大原則―試験で点がとれる1
 橋元淳一郎の物理橋元流解法の大原則―試験で点がとれる2

 いろんな評判がありますが、代表的な問題を学習すると割り切れば、解説が豊富ないい本になります。ステップ4までのことが出来ていればほぼ満点が取れるはずであり、取れない場合には今までの復習を必ずしてください。

 これで合格点を十分取れます。



 ステップ5
 ここをやるかは大学次第です。

 模試大学の過去問が、ステップ4までで万点近く取れる出題だった場合、復習に力を注ぎ、傾向の似た問題を先生に教えてもらって、それらを演習するのが正解です。

 しかし、国立でこの段階に該当する学部の場合、難易度が高く、合格点が60%程度のことが多いです。

 今までの学習に、予想問題として1冊勧めておきます。

 橋元の理系物理I・II頻出問題解法―入試で点が取れる

 使いどころが難しいのですが、「このレベル」「直前期」「少し難しい国立」という条件にすごくマッチしています。




★ レベル3.河合ボーダー偏差値理系60.0 ★

 さて、ここで少し乱暴なことを書きます。

 物理の多少なりとも本質(といっても概念ですが)に触れる学習を取り入れるべきと断言できるのは、このレベルからです。

 ですから、レベル1・2ではエッセンスの使用をあえて強調しませんでした。

 しかし、ここからは違いますよ!

 下地として、マークで70点、記述で52~55必要です。

 10月の段階で下地が不足している場合、レベル2に合わせて学習してください。それでも物理の最低限度の点は取れます。

 レベル3の物理学習の核 

 1.物理のエッセンス力学・波動 
 2.物理のエッセンス電磁気・熱・原子 浜島清利/著、河合出版

 


 ステップ1
 「物理の基本的イメージの入手」と『エッセンス』の☆無しを、分野ごとに反復する。

 ステップ2
 「物理の基本的解き方の入手」と『エッセンス』の☆なし・☆1個を、分野ごとに反復する。

 ステップ3
 長文の読み方を知る。
 
 為近の基礎物理I・II―代々木ゼミ方式



 エッセンスはかなりハードなので、レベル2よりも時間がだいぶかかります。ただ、典型問題の経験量で誤魔化す勝負はしないので、次は予想問題集1冊で済みます。

 ステップ4
 「エッセンス全部」と「物理I・II基礎問題精講の例題」を分野ごとに反復します。

 物理I・II基礎問題精講


 ステップ5
 あとはひたすら復習と過去問演習です。似たレベルの問題をどんどん解きつつ、復習をしつこく繰り返してください。

カテゴリー一覧に戻る  

2006.10.16 Mon l 物理 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 文系入試を意識しました。センター対策もある程度含まれています。

 「読み力を付ける!」、「解き方を知る」の2冊は、このモデルプランニ該当する大学の志望者にとって、共通であると考えてください。

 マーク・記述で50程度あれば何とかついていけますが、時間的に余裕のある高2の人は基礎処理能力から鍛えてください。

 また、「出口 メキメキ力がつく」についていけない場合、やはり基礎処理能力から始めるしかないかと思います。

 なお、現代文においては、夏以降の対策としています。

 その理由は、現代文を学習し始めるのは、多くの人が秋口以降のためです。

*** 読む力を付ける! ***

 出口汪のメキメキ力がつく現代文

 ことばはちからダ!現代文キーワード 入試現代文最重要キーワード20  牧野剛/〔ほか〕共著、河合出版

 


*** 解き方を知る! ***

 理系・文系ともに、現代文の対策をする時間がないと感じる人が多いはずですが、センター・二次ともに、やっておかないと損をするかもしれません。

 ただし、やるタイミングには気をつけてください。

 きめる! センター国語

 センター対策を歌っていますが、実のところは『正面突破の読み方』です。多くの国立二次・私大にも応用可能です。



*** 河合ボーダー50.0の合格点を取る ***

 0.読む力をつける

 の次に、

 1.現代文読解力の開発講座
 2.出口の現代文レベル別問題集 超基礎編

 「きめる!」をやる時間的余裕がない人は、メキメキとこの2冊だけでも闘えます。



 3.きめる!
 をやります。

 上のものを徹底的に繰り返し、下の問題集・過去問を直前期は毎日繰り返し、間違えた理由を考えてください。

 集中2週間 現代文 高校初級用
 発展30日完成 現代文 初級

 

*** 高校段階入門 河合ボーダー57.5の合格点を取る ***

システム現代文 ベーシック編―出口の 大学入試



 発展30日完成 現代文 初級
 集中2週間 現代文
 マーク基礎問題集 河合



*** センター75%・河合ボーダー62.5の合格点を取る ***

 出口の現代文レベル別問題集 3 標準編
 岡井光義の現代文おかい流記述のときかた―試験で点がとれる



 集中2週間 現代文
 応用30日完成 現代文 中級
 マーク基礎問題集 河合



*** さらなる飛躍へ ***

 どのレベルでもいいのですが、さらに安定させようと思うと、解く技術をレベルアップさせたいところです。次の2冊を徹底的に繰り返してください。

 現代文解法の新技術
 入試現代文へのアクセス



カテゴリー一覧に戻る  

2006.10.14 Sat l モデルプラン l コメント (0) トラックバック (0) l top
 目標地点は以下の3つ。

 レベル1.河合ボーダー偏差値文理52.5

 レベル2.河合ボーダー偏差値理系57.5(文系は60)

 レベル3.河合ボーダー偏差値理系60.0(文系は62.5)


 ・自己診断の方法

 該当すると思われるレベルで、合格点チェックの本を演習してください。

 1.あまりに大きく離れている場合はそのレベルを頭から。

 2.分野別強化で済みそうなら分野別強化を。

 3.分野別を優先させ、その後に手持ちのメイン(ここでいう『これでわかる』『シグマトライ』などに該当する『ニューアクション』『チャート式』)を学習。

 の3つの方式があります。
 
 該当レベルを超える人は、まず目標段階の演習本を。

 該当レベルに到達しない人は先生などのフォローを受けながらそのままやってください。

*** 問題数の確保 ***

 まず書いておきたいのですが、ここのレベルに届かないから自分の能力が低いと思っている人、『何問繰り返しましたか?』

 四則演算だけでも、数千問、ひょっとしたら1万問以上繰り返してようやくある程度の水準に立てるのです。

 まして、中学、高校の内容を4,5問の練習だけでものにしようと言うのが図々しいと思いましょう。ですから、計算問題は学校配布の問題を1回くらい解いていきましょう。それは1日10分程度で構いません。

 大丈夫。やれば絶対に伸びます。自分の能力を発揮させてください!

*** 高校段階入門 ボーダー52.5の合格点 ***

「初めから始める」の数と式を2回繰り返す。
⇒「これでわかる」の〃  例題を3回繰り返す。

「初めから始める」の二次関数 を2回繰り返す。
⇒「これでわかる」の〃  例題を3回繰り返す。

 と言うように、同一分野を徹底的に反復しながら学習します。

 ・基本を押える。
1.高校これでわかる数学1+A 基礎からのシグマベスト
2.高校これでわかる数学2+B 基礎からのシグマベスト
3.高校これでわかる数学3+C 基礎からのシグマベスト




 ・繰り返し読み、問題を覚えることで、理解を助ける。
1.スバラシク面白いと評判の初めから始める数学1・APart1
2.スバラシク面白いと評判の初めから始める数学1・APart2
3.スバラシク面白いと評判の初めから始める数学2・B Part1
4.スバラシク面白いと評判の初めから始める数学2・B Part2
5.スバラシク面白いと評判の初めから始める数学3・C Part1
6.スバラシク面白いと評判の初めから始める数学3・C Part2



 ・合格点チェック

1.代々木センター標準問題集

 ここで75%が確実圏。

 

 2.数学3C基礎問題精講

 70%正解が確実ライン。



*** 河合ボーダー 57.5の合格点へ ***

該当レベル
 高3河合記述偏差値が51以上58以下。
 マーク模試で平均点+15~25点。(目安70%)

1.シグマトライ数学1+A
2.シグマトライ数学2+B
3.シグマトライ数学3+C

 

・苦手分野の攻略(センターでよく間違えたり、基礎問でたくさん間違える分野を苦手)

1.坂田アキラの数列が面白いほどわかる本
坂田 アキラ (著)
2.ホントはやさしいセンター・中堅私大の場合の数と確率
3.ホントはやさしいセンター・中堅私大のベクトル
4.坂田アキラの数IIIの微分積分〈極限・微分編〉が面白いほどわかる本
5.坂田アキラの数IIIの微分積分〈積分編〉が面白いほどわかる本
6.志田晶の 行列・1次変換・いろいろな曲線が面白いほどわかる本



 上を繰り返して身につけるのが目標。

 ・合格点チェック

1.代々木センター標準問題集

 ここで90%が確実圏。

 

 2.数学3C基礎問題精講

 90%正解が確実ライン。



*** 高校段階 河合ボーダー 
         理系60・文系62.5の合格点へ ***

該当レベル
 高3河合記述偏差値が54以上62以下。(これ以上の人は、)
 マーク模試で平均点+25点。(目安80%)

 数が絞られたメインで全体を眺め、頻出分野を基本から攻略します。苦手分野は、初級の項目を参考にしてください。
 ただ、シグマトライで解消されることが多いです。

1.シグマトライ数学1+A
2.シグマトライ数学2+B
3.シグマトライ数学3+C

 ・頻出分野補強(レベルを徹底意識)
1.ホントはやさしいセンター・中堅私大の場合の数と確率
2.ASO ベクトル・数列
3.志田晶の 行列・1次変換・いろいろな曲線が面白いほどわかる本

  

 ・合格点チェック
 A.文系
 合格への サマリー1A2B

 けっこう分厚い本ですが、演習用と割り切れば、解けない問題は50問以下のはず。



 B.理系(予想問題としても機能)
 文系数学プラチカ
 マセマ合格数学3C

 70%を目標に。




 *** さらなる強化? ***

 不要です。他の科目、特に英語の強化をしましょう。

 数学は、過去問や模試の演習、今までの復習で十分です。

 得点期待値を上げやすい理科・英語を大事にしましょう。 

  カテゴリー一覧に戻る  

カテゴリー一覧に戻る  

2006.10.13 Fri l モデルプラン l コメント (12) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。