上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー一覧に戻る  

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
生物はセンターから攻めるのが常道です。二次はその後。

基本となるセンター対策をみっちりやり、その後に教科書・図説と共に攻略します。

2の範囲は、センター段階と同じ手順で学習します。問題集はらくらくマスター生物やセミナー生物、センサー生物など、前段階で使っているものを使用します。

生物IIの必修整理ノート―新課程 (シグマベスト) 文英堂


 ★ 問題集 ★

1.解説が詳しい生物I・II頻出重要問題集
☆ 知識系学習
◎ ちょっと時間がない人が、河合ボーダー62.5以下の大学を目指す時の目安になるのではないかと思います。



2.理系標準問題集生物
☆ 知識系必要量を満たす。
◎ 知識系の確認になるのですが、この問題を単発で覚える勉強は絶対に駄目。図説・田部またはチャートの知識系の理解・記憶にフィードバックさせて勉強すること。
◎ また、この後記述対策の問題集が必須。



3.大学入試生物 I・II 「考察問題」の点数が面白いほど取れる問題集
☆ 代表的考察問題の解法を知る
◎ 時間がない人に。




4. 実力をつける生物 増進出版会
☆ 難関大必須の良書であると考えます。
◎ 知識⇒考察・記述のステップが、まるで予備校の授業のように展開。問題集としては最終ライン。この後は実戦的な場数をどれくらい踏むかだと思います。


生徒に教えた結果で言うと、3と1or2で河合ボーダー60までは対応可能で、2・4で東大・京大の一般学部で稼ぐレベル(70%超)でした。試験場で変動しにくい特徴があると思います。


 ★ 参考書 ★

チャート
☆ 都市部医学部を目指すなら、こちらのほうが良い。
◎ 東大をはじめとする、新しいことを吉の事項に結び付けて考察させるタイプの問題を好きな難関大学は、知識が縦横につまっているチャートがベストチョイスだと思います。



生物1 合格39講
田部真哉の生物生物II合格33講―試験で点がとれる
☆ 一般的な参考書。ハイレベルなことも収録。チャートが馴染まない人には良い。ただし、入門的ではない。




 *** 分野別 ***

大森徹の生物計算・グラフ問題の解法―合格点への最短距離
大森徹の生物遺伝問題の解法―合格点への最短距離
大学入試にでる生物〈遺伝〉が面白いほどわかる本
大森の生物論述問題の解き方
大森の生物遺伝・計算・グラフ問題の解き方
◎ 苦手分野を強化しよう。といいつつ、遺伝以外は参考書+メインとなる問題集で十分対応可能ではないかと思います。



カテゴリー一覧に戻る  

スポンサーサイト
2006.09.29 Fri l 生物 l コメント (31) トラックバック (1) l top
ここで示すのは、僕が生徒にやらせた結果、高スピードで順調に点数を伸ばした選択し、あるいは伸ばしている選択肢です。

具体的な中身のレビューをするのは恐れ多いので、実際の生徒の成績の推移を元にしたしたレベル区分だと考えてください。

細部における指摘がありましたらコメント欄に遠慮なく書き込んでください。

*** 生物のツボ ***

1.高校入試レベルの現代文の能力

2.知識を確実に覚えること

3.知識の応用の型を知ること。

4.2・3を訓練すること

 といったシンプルなものですが、「1」が盲点になりがちです。

*** センター75%に到達。 ***

 上記のやり方で、6×5=30時間が目安。


 教科書
☆ 生物は必須。このレベルで参考書は情報量が多すぎる。

 セミナー生物などの学校配布の教材
又は
 らくらくマスター生物I・II
◎ ひたすら覚えます。
 ポイントは、
1.教科書のある単元を3回覚えるつもりなく、しかし3回目は理解に努めて読む。
2.次に同一単元の問題を読む。解かないで、答えを見る。答えを覚える。
3.すぐに解きなおす。
4.教科書を読み直す。
 という手順を踏むことです。
 範囲が狭いので、1ヶ月もあれば終わります。



 センターこれだけ!生物
 センターこれだけ!生物 考察



 代々木センター基礎問題集 生物
☆ ここまでで70%確保。



*** センター85%以上 ***

 20時間が目安。

 サブノート生物―書き込んで作る参考書
 生物Iの必修整理ノート  生物 (ノートなら何でもいい)
 代々木 標準マーク問題集 生物



 *** 強化本 ***

マーク式総合問題集生物I
大学入試センター試験実戦問題集生物I




カテゴリー一覧に戻る  

2006.09.29 Fri l 未分類 l コメント (19) トラックバック (0) l top
*** 現代文 解き方を知る参考書 ***

 きめる! センター国語
 ★★★★
◎ これからセンター対策を始める人向け。
☆ この本を数回繰り返し、過去問などで演習を20セットくらい積めば、70%は安定して取ることができます。
☆ この本の内容が身につかない場合、ちょっと初級の学習が足りていません。時間がない場合は「新技術」はやらなくていいので、記述の問題集を3冊はこなしてください。

 ズバリ攻略! センター国語
 ★★★★★
◎ かなり実力がある人向け。
☆ 河合・代々木記述で偏差値が60以上、75%はコンスタントに取れる人が、その後の十分な演習を前提として使う本。
☆ かなりシステマティックな解法が挙げれており、使いこなせれば、センター現代文で85%を切ることはないはずです。



*** 現代文 問題集 ***

 1.まずは過去問題

 過去問の解説の差は気にする必要はありません。上の参考書から解答を導き出す訓練をすればいいだけなので。

 2.予想問題

 マーク基礎問題集
 ★★★★★
☆ この本で実力の安定度が測れます。
◎ 最低80%をキープしたいところ。だいたい80%ラインの目安です。




*** 古文 問題集 ***

 センター試験古文〈基礎〉の点数が面白いほどとれる問題集
 ★★★★★
☆ 初級を曖昧なまま勝負にでる人向け。
◎ かなり需要があると思います。というのも、センター古文は50/900という配分に過ぎません。他科目・二次との兼ね合いでほとんど手をつけれない人も多いでしょう。そんな人は、単語とこの本を徹底的に1冊ずつやるだけで、平均点くらいは何とか取れます。




 河合 マーク基礎問題集
★★★★★
☆ この本で実力の安定度が測れます。
◎ 最低80%をキープしたいところ。だいたい75%ラインの目安です。

 

 *** 漢文 ***
 河合 マーク基礎問題集
 ★★★★★
☆ この本で実力の安定度が測れます。
◎ 最低90%をキープしたいところ。だいたい90%ラインの目安です。




*** 古文・漢文 ***

 センター試験 古文・漢文[実戦]の点数が面白いほどとれる本
 ★★★★
☆ 12月末くらいから本番までに軽い本を追加したいとき。
◎ いい本ですが、受験生のレベルを考えると使うときがあまりないかもしれません。医学部は記述式で勉強するべきですし、そのほかの学部はセンター古文にかけられる時間は多くないはず。ただ、いい本なので、最後の仕上げには向いていると思います。



カテゴリー一覧に戻る  

2006.09.29 Fri l 現代文 l コメント (16) トラックバック (1) l top
英語・数学・現代文に関しては「東大」を目標とした問題集の選定が必要となるので、東大での本番レベルをこれによって示しました。

目標レベル又は予想問題と言っていいでしょう。

なお、どの科目も初級の確立+標準典型は出来てからでないと時間の無駄なので悪しからず。数学に関しては理科1,2類と理科3類は分けて考えました。

古文・漢文・理科・社会は教室・書店の内容を堅実にこなしてもらえれば合格点に十分到達します。

*** 東大の傾向 ***

ムラなく。これを要求したのが東大入試の唯一最大の傾向です。当然これに合わせた学習が必要でしょう。

*** 英語 ***

過去問:東大の英語25ヵ年

文法:入試英文法問題特講 新選ゼミ 西きょうじ/著、文英堂
★★★★★
◎ 非常にシステマティックで、合格点への目安の一冊。文法問題だけでなく、和訳・第5問のような文法要素が強い設問にも好影響を及ぼします。

解釈:ポレポレ
★★★★★
◎ 東大用としてみると非常に優れていることが分かります。
 1.基本単語の取りこぼしが分かる。(よく出ているけどイマイチ覚えていない単語を訊いてきます。)
 2.知らない単語の類推を要求する訓練になる。
 3.訳し難い英文を自然なものにすることを要求するものが多い。
 3.英文和訳といった古典学習で、東大の要求する能力とかなり一致する。

長文:キムタツ東大リーディング
★★★★★
◎ 予想問題、戦術の基本確認に絶大な効果。
 注意したいこと:
 1.要求される語彙は本番レベルだが、類推を要求する単語レベルは若干上。(文脈から推測するべき単語がある。これは本番と一致)
 2.時間内にどう処理するかが最大の焦点。
 3.文章展開を読み進める上で、ディスコースマーカーに着目する技術がないと、要約・パラグラフ整序は理解できない。
 強調したいこと:
 1.まさしく本番の予想問題であること。(的中を狙うわけではなく、自分の立っている地点を示すということ)
 2.★の問題を解けるように学習する。次に★★と★★★で合格点が取れるように対策をしてから挑む、というスタイルが必要。

 

リスニング
キムタツリスニング 実践編
★★★★★
◎ この本のレベルが出来ていれば、実は東大英語で合格点を取ることができます。逆に、このレベルが出来ていないうちに東大リスニングに取り組んでも得るものは少ないです。

東大リスニング
★★★★★
◎ 予想問題、戦術の基本確認に絶大な効果。

自由英作文:灘高キムタツの東大英語ライティング&グラマー
★★★★★
◎ 7月くらいまでは自由英作文を特に意識視せず、文法事項や基本的な英文が書けるかどうかに重点を置いてください。その上でこの予想問題集を繰り返し解きます。『自由英作文』と名前がついていますが、字数制限も厳しく、実際には『不自由英作文』です。ある程度のパターンを押さえてしまえば、東大の自由英作文はすらすら書けます。



*** 数学 文系 ***

マセマ頻出レベル 数学
★★★★
◎ 文系の出題としてはそれなりに難しいのが東大の数学ですが、上手に部分点を取っていくことが必要です。それには、分野別の対策と言うよりも、テーマ別の対策を主眼に学習するのが賢いでしょう。



目標の一冊:大学への数学 スタンダード演習
★★★★★
◎ 「易しすぎず、難しすぎず」がテーマの一冊です。東大・京大受験者で確実に合格点を取ろうと思ったときの目安の一冊でしょう。

新数学スタンダード演習

*** 数学 理系 ***

マセマ頻出レベル 数学
マセマハイレベル 数学
★★★★
◎ 理系にとって3Cの出題が多い、という言葉には意味がありません。例えば、微分で最大最小を決定するにしろ、「必要なのは微分を使用する」という判断であるからです。それには問題演習も必要ですが、問題を眺める手法を学習するのも意味として大きいです。



目標の一冊(理科1・2類):やさしい理系数学
 ★★★★
 難しかった20題を削減、他の難しい問題もかなり差し替えと言うことで、旧課程からはだいぶ難易度が下がりました。ですが、受験層が大きく低下した現在、旧課程と同様に合格点への目安の一冊です。



目標の一冊(理科3類):新数学演習
 ★★★★
 河合のハイレベル理系数学は、別解が多いものの、なぜ?という着眼点に一貫性が見えにくい作りでした。東大対策として割り切って考えると、見通しのよさが先にたつこちらを勧めます。

新数学演習

 *注:例えば2006の数学を考えると、1,2類で合否を分けた問題と、理3で合否を分けた問題は全くの別物です。それを考慮して別々の目標としました。

*** 現代文 ***

現代文と格闘する
★★★★★
◎ 東大模試から選んできているのか、まさしく本番レベル~やや難というところです。逆に言えば、生半可な実力で手をつけても時間の無駄になるので注意しましょう。



東大の古典25ヵ年
古文に不安を持つ人に。はっきりいって簡単です。



★ 実戦演習 ★

合格圏を確保するには、9~10月から実戦演習を15日に1回を目安に行い、本番までの距離を測りつつ学習する必要があります。
難易度順として、代々木 ⇒ 駿台 ⇒ 河合 と順番にこなすのがベストです。

*** 英語 ***



*** 数学 ***

3冊どれも利点があります。代々木は本番の基本~標準レベル、駿台は本番、河合は若干難しめとなっています。





*** 国語 ***



*** 理科 ***

数学と同様、代々木は本番の基本~標準レベル、駿台は本番、河合は若干難しめとなっています。
代々木のものには、世間では悪評が付いていますが、これで75%取れる人がほとんどいないのが現状です。はっきり言えば、これで点を抑えることが出来ることが理1,2の合格への目安です。




*** 社会 ***




カテゴリー一覧に戻る  

2006.09.14 Thu l モデルプラン l コメント (20) トラックバック (0) l top
 英語はその性質上、受験する大学のボーダーよりも高い学力をもっていないと、点数が安定しません。そのため、やや長文の量が多いと感じるかもしれませんが、合格には必要なラインだと考えます。

 *** 英語 語彙 ***

 このレベルの人は、次の2冊で十分。余裕があれば標準レベルまで突っ込んだ本(単語王、ターゲット、システム)を使えばいいでしょう。

システム英単語 Basic
ど忘れチェック 熟語

 

*** 英語 高校段階入門 ボーダー52.5に到達 ***

・安河内の「はじめてわかる」英文法―17日間スピード・レクチャー
・超基礎がためわかる! 英文法  著者: 安河内 哲也

 

・英文読解入門基本はここだ! 代々木ゼミ方式 西きょうじ/著、代々木ライブラリー
・基礎速読英文 佐々木功/編著、桐原書店



西英文読解講義の実況中継 高2~大学入試 基礎完成編 西きょうじ/著、語学春秋社



*** 英語 偏差値57.5の壁を超える ***

 次の4冊をとことん繰り返しましょう。河合偏差値60には届きますし、北海道、東北といった大学でも、合格点をとることが出来ます。

入試超頻出ズバリ!英文法・語法 著者: 安河内 哲也


ビジュアル英文解釈 PART1 伊藤 和夫、駿台文庫


大学入試英語長文ハイパートレーニング レベル1 安河内哲也/著、桐原書店



本番で勝つ!必修英語長文―センター試験・中堅私立大学
* 文章展開、ささやかなテクニックを学習するのに適した本です。




*** リスニング ***

なお、正しい学習でここまで到達すれば、センターで80%は取ることが出来ます。本格的なリスニング対策も10月には開始したいところです。

英会話・ぜったい・音読 入門編
国弘正雄/監修 千田潤一/監修、講談社インターナショナル



灘高キムタツのセンター試験英語リスニング合格の法則

 


*** 英語 偏差値60へ ***

 上記の復習をしながら、次の2冊を身につければ、多くの人が河合偏差値65近く出るでしょう。

大学入試英語長文ハイパートレーニング レベル2 安河内哲也/著
やっておきたい英語長文300 (河合出版)

 

 
*** 英語 実戦演習 ***

センター過去問題集 駿台文庫
模試問題集 <黒本> 河合出版
☆ 量を絞った過去問で演習。

  

*** さらなる発展を? ***

これ以上の学習として、レベルが上の教材に手を出すのは危険です。

足元を固めるために、訊く角度を変えてくる教材をこなしましょう。
自分の弱点を優先的にやりましょう。

ビジュアル英文読解 構文把握編 代々木
 もしくは、
英文必修問題精講 (旺文社)

  

全解説入試頻出英語標準問題1100―文法・語法・イディオム・会話表現の総整理



英語頻出長文読解 麻生裕美子/著、学研



カテゴリー一覧に戻る  

2006.09.13 Wed l モデルプラン l コメント (9) トラックバック (0) l top
 およそ、難関大と呼ばれるのは河合ボーダーで理系60・文系65以降であり、受験生の「学習の方向性」で差がつきうるのもそれ以降です。

 逆に、理系57.5・文系62.5までの大学では、たとえ難関大学とされていても、合格点からすると、問題が易しく、非常に典型的な出題のみが中心となっている大学も少なくありません。

 具体的な名前を挙げれば、北海道大学、弘前、東北(保健)、筑波、千葉、信州、金沢、名古屋(看護・放射・検査)、岐阜、三重、大阪(保健)、神戸、岡山、広島…といった、ほぼ全国全ての大学の該当する学部たちです。

 これらの大学に必要なことに、特別なものは全く含まれていません。

 簡単な問題から積み上げ、最低限のラインを超えれば合格できます。逆に、学力が及ばないうちから中級段階に手を出しても合格は遠のくばかりです。そこで、モデルプランを作りました。

 なお、入門段階から取り入れており、初級+典型のカバー率をボーダーに合わせて必要分に下げているプランです。確実に学習した後であれば、センター速攻の一部を適切に取り入れることも、教室の記事に接続することも可能です。一番効率が悪いのは、書評だけを目で追い、教材を買うだけで1冊も徹底的に身につけないことですから、その点には注意するようにしてください。


 *注:私立大学で、1~3科目入試で偏差値が高くなっている大学もありますが、出題傾向からして、この内容で合格ラインに達します。私立の理系は医学部・獣医学部以外対応できますし、文系は早稲田・慶応・上智英など、私立の中で突出した学部以外は合格ラインに達します。

英語

 ・数学

 ・現代文

 ・古文

 ・漢文

 ・物理

 ・化学

 ・生物

 ・社会

「どん底からの脱出!」との違い。

 「どん底」で想定していたのは、
1.高1、2で、
 進研ゼミ偏差値58以下
 河合・駿台・代々木模試偏差値50以下
 高校で赤点を取る

2.学区の上位進学校でない、基礎処理能力に不安がある
 高3で、マーク模試全国平均よりかなり下
 高校で赤点を取る

 でした。

 今回の記事で想定しているのは、大学入試を照準とした学習から入ってもついてこれる高3の人です。

 というのも、多くの高校生は高3のGWまで入試対策などしませんし、学校のテストにそれなりについていっている人がほとんどです。

 だったら、その人たちが広い意味での復習をしながら受験を手早く攻略する道筋を作ろうというのがモデルプランの目標です。

 英語以外、教室・書店の流れとほとんど変わりません。

 一部の演習教材を差し替えるだけですから、まずは入門段階からこなすという姿勢は大事ですね。


カテゴリー一覧に戻る  

2006.09.13 Wed l モデルプラン l コメント (3) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。